starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

MRMヘルス、パーキンソン病の臨床研究を開始


ベルギー・ヘント--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --臨床段階のバイオ医薬品企業であるMRMヘルスは、パーキンソン病(PD)における小腸マイクロバイオームの役割を研究し、小腸液および血液中のPD特異的な微生物および代謝フィンガープリントを同定するための観察的横断臨床試験の開始について、規制委員会および倫理委員会の承認を得たと発表しました。本臨床研究は、ニンブル・サイエンスおよびカナダのカルガリー大学と緊密に協力して実施されます。

本臨床研究は、年齢をマッチさせた健常ボランティアコホートを含め、被験者最大100人を登録する予定です。ダビデ・マルティーノ博士が率いるカルガリー・パーキンソン病研究イニシアチブ(CaPRI)で実施され、Clinicaltrials.govにNCT06003608の番号で登録されています。

MRMヘルスは、独自のCORAL®技術により、合理的に設計されたコンソーシアム治療薬を開発しており、この技術は十分に特性化された片利共生株から構成され、強化された効力、回復力、生着力により、主要な疾患促進メカニズムに取り組むよう選択・最適化されています。MRMヘルスの画期的でスケーラブルかつ標準化されたcGMP製造プラットフォームにより、完全なコンソーシアムを単一の原薬として製造することが可能になっており、マイクロバイオーム療法のこれまでの限界を克服し、効果的なコンソーシアム治療薬開発の新たな基準を確立するよう設計されています。MRMヘルスは最近、潰瘍性大腸炎を対象としたMH002の第2a相臨床試験で良好なデータを取得しており、また、回腸嚢炎を対象とした臨床試験が進行中です。当社は炎症性腸疾患の臨床プログラムとパーキンソン病のプログラムに加え、自己免疫疾患と代謝性疾患の前臨床プログラムを、IFFニュートリション・バイオサイエンスとの提携を通じて開発しています。

MRMヘルスの最高経営責任者サム・ポセミエは次のように述べています。 「このプロジェクトでニンブル・サイエンスおよびカルガリー・パーキンソン病研究イニシアチブと協力し、革新的なSIMBAカプセルを使用して小腸内容物を採取できることを大変うれしく思います。この試験で得られたデータから、これまでほとんど解明されていない小腸マイクロバイオームの構成とパーキンソン病の病態生理との関連について、ユニークな知見が得られると期待しています。この試験は当社の既存のプログラムに反映され、この進行性の神経変性疾患の治療のための新規の腸内細菌製剤の開発を微調整し、加速することを可能にするでしょう」

本試験の首席治験医師であるカルガリー・パーキンソン病研究イニシアチブのダビデ・マルティーノ博士は次のように述べています。「この重篤な消耗性疾患に対する安全かつ効果的な治療法に対するアンメット・メディカル・ニーズは高いものがあり、新規の治療法は、特にそれが疾患修飾性であれば、患者や介護者に歓迎されるでしょう。この観察研究は、パーキンソン病の病態生理学に影響を与え、疾患修飾療法を提供する可能性のある新しい仮説を生み出すのに役立つことが期待されます」

ニンブル・サイエンスの最高経営責任者サビーナ・ブリューマン氏は次のように述べています。「当社の小腸マイクロバイオーム吸引(SIMBA)システムの使用には自信を深めており、パーキンソン病患者の小腸におけるマイクロバイオームの役割をより深く理解する目的で、さらに多くのデータを収集できます。MRMヘルスとの共同研究により、SIMBAカプセルから得られるマルチオミクスデータと追加の『オミクスデータ』を統合することが可能になります」

SIMBAシステムは、小腸内容物の非侵襲的サンプリングを可能にするシングルユースの摂取可能な受動カプセルです。このカプセルは酸性胃環境を通過した後に開いて腸内容物を吸収し、大腸に入る前に機械的に密閉するように設計されています。さらに、消化器系全体を通過する様子をX線写真で追跡できるように明確なマーカーが組み込まれています。SIMBAカプセルはニンブル・サイエンスによって開発・検証され、これまでの研究で特定の小腸物質の回収に有望であることがすでに示されています。

MRMヘルスについて

MRMヘルスは、炎症性疾患、中枢神経系疾患、代謝性疾患の革新的な治療薬を開発する臨床段階のバイオテクノロジー企業です。当社の最も先進的なプログラムであるMH002は、第2a相臨床試験における良好な臨床結果を受けて、潰瘍性大腸炎の重要な臨床開発の準備中であり、希少疾患適応症である回腸嚢炎における評価の実施中です。MRMヘルスは、独自の劇的変化をもたらすCORAL®技術プラットフォームを使用して、疾患に焦点を当てた5~10の生きた腸内細菌の独自の組み合わせに基づき、マイクロバイオームベースのバイオ医薬品を設計し、最適化により作用発現の迅速化、効力と堅牢性の向上を実現しています。このようなコンソーシアムを単一の原薬として、単一の標準化されたスケーラブルでコスト効率に優れたプロセスで製造する能力は、大きな差別化要素となっています。炎症性腸疾患のプログラムに加え、MRMヘルスはパーキンソン病と脊椎関節炎の前臨床プログラムを進行中であり、2型糖尿病とNAFLDのプログラムをIFFと提携しています。

詳細情報については、ウェブサイト www.mrmhealth.com .

ニンブル・サイエンスについて

ニンブル・サイエンスは、SIMBA™ GI Healthプラットフォームを通じて、クラス初の在宅カプセルベースの小腸液生検とマルチオミックス・マイクロバイオームデータ機能を提供するデジタルヘルス企業です。NimbleのSIMBA™ カプセルは、最も生物活性が高く最も重要な微生物環境の一つが存在する小腸の最も深く、これまでアクセスできなかった領域から汚染されていないサンプルを採取することが臨床的に検証されています。ニンブルの技術、管理の容易さ、使用可能な健康データに関する洞察は、競合するソリューションと比較して比類のないものであり、ニンブルは世界中の業界リーダーと積極的に提携し、医薬品、診断薬、消費者向け健康研究開発プログラムに及ぶ画期的な健康革新を後押ししています。

詳細については、ウェブサイトwww.nimblesci.comをご覧ください。

パーキンソン病について

パーキンソン病は進行性の不可逆的な脳疾患であり、ふるえ、こわばり、平衡や協調運動の困難など、意図しない動きや制御不能な動きを引き起こします。症状は通常、徐々に始まり、経時的に悪化します。現在の治療は、症状を管理し、患者の生活の質を向上させることを目的としています。レボドパやドパミン作動薬などの薬剤は、ドパミンの補充により脳内ドパミン濃度を上げることで運動症状を緩和するのに役立ちます。パーキンソン病の管理を改善し、罹患者の全般的幸福度を高めるための新しい治療法や介入に対するアンメット・ニーズは依然として高いままです。現在のところ、有効な疾患修飾治療法はありません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

MRM Health
Dr Sam Possemiers – CEO
Christiane Verhaegen – CFO
Tel: +32.9.277.08.50
info@mrmhealth.com

Stern Investor Relations
Stephanie Ascher
Stephanie.ascher@sternir.com
+1 212-362-1200

    Loading...
    アクセスランキング
    starthome_osusumegame_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.