台湾・新北--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- IoTサイバーセキュリティーおよびコンプライアンス・ソリューションのリーダー企業Onward Securityは、自動化された製品セキュリティー評価プラットフォームOnward Security HERCULESの日本市場でのリセラーとしてコーネットソリューションズ社(以下、コーネット)とリセラー契約を締結しました。HERCULES(本製品)は、製品セキュリティー管理システムのSecFlowと自動化脆弱性評価ツールのSecDeviceによって構成されています。東京に拠点を置くコーネット社は、手厚いセールスおよび産業IoTセキュリティーの豊富な実績を活かしにおいて、Onward Securityのエンドユーザーへのサポートを強化します。


Onward SecurityのゼネラルマネジャーのMorgan Hungは、「Onward Securityは、モノのインターネットのためのAI自動化セキュリティー製品によって安全なネットワーク環境を構築してメーカーやブランドがサイバーセキュリティーの問題を解決する支援をすることをビジョンとしています。コーネットの日本でのプレゼンスは、当社が当社顧客の期待を超えることを可能にします」と述べています。コーネットのセールスマネジャーShuji Saito氏は、「Onward Securityの製品が当社製品ポートフォリオに加わり、当社はIIoTのサイバーセキュリティーにおいて訴求力の高い価値提案を行うことができます」と述べています。

HERCULES SecFlowは、製品要求事項の指定から設計、開発、試験に至るまで、製品開発のあらゆる段階で適切なサイバーセキュリティーソリューションを提供することでセキュリティーを高く、尚且つスピーディーなソフトウェア開発プロセスを実現する支援ツールとしてお使い頂けます。HERCULES SecDeviceは、コネクテッド製品のために設計された自動化脆弱性評価ツールであり、迅速にサイバーセキュリティーの脆弱性を検出できます。本製品は、米国、日本、台湾で特許を保有し、サイバーセキュリティー管理システムに関する賞を世界的に多数受賞しています。これには、Info Security Products Guide 2020(Global Excellence Gold)、Cybersecurity Excellence Awards Winner 2020、InfoSec Awards Winners 2020、IT World Awards 2020 Goldが含まれます。日本での事業展開を強化するため、当社は2020年に東京にONWARD SECURITY JAPAN株式会社を設立しました。

Onward Securityについて

Onward Securityは、サイバーセキュリティーの主要ブランドであり、コネクテッド製品のためのセキュリティー・コンプライアンス・ソリューションを提供しています。2014年に設立された当社は、国際的なラボを所有するほか、AIおよび機械学習の機能によって自動化されたセキュリティー評価製品を開発しています。Onward Securityは多数の国で特許と受賞歴を誇り、IoTおよびIIoT機器製造、金融、医療、テレコム、その他の産業の顧客企業が認証を取得する支援をしています。当社の製品とサービスは、潜在的なサイバーセキュリティー脅威と脆弱性を発見し、重要な情報や製品セキュリティーを保護し、セキュリティー・コンプライアンスと業界基準を満たしています。詳細情報については、https://www.onwardsecurity.comの当社ウェブサイトをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
Ginger Chin
ginger@onwardsecurity.com
+886-2-8911-5035
+886-987-193-588

情報提供元:
記事名:「Onward Securityが日本のコーネットソリューションズ社とリセラー契約を締結