アラブ首長国連邦アブダビ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 2020年ツール・ド・フランスで優勝したUAEチーム・エミレーツに所属する選手とスタッフは、シノファームCNBGが開発してUAE保健予防省が承認したCOVID-19ワクチンの接種を受けました。これは、UAEのG42ヘルスケアが進めた#4Humanity治験の成功を受けて行われました。



2020年ツール・ド・フランスで優勝したスロベニア人サイクリストのタデイ・ポガチャル選手を含む合計27人の選手と32人のスタッフがワクチンを受けました。

ワクチン接種を受けることについて、UAEチーム・エミレーツのプリンシパルのMauro Gianettiは、こう語りました。「UAEのチームとして、COVID-19パンデミックの影響と闘い、生活を正常化させる取り組みのリーダーとなるために国家と為政者があらゆるレベルで示している努力を大変大きな誇りと感じています。」

「ワクチンを受けることで自分自身と他者を守る機会を与えられたことをチーム全員がうれしく感じています。そして、これを実現するための信じられないような努力をしていただけたUAEとこのプログラムのすべてのパートナーを讃えたいと思います。」

G42ヘルスケアについて

アブダビのグループ42の子会社であるG42ヘルスケアは先進的なテクノロジー企業であり、UAEで世界クラスの持続可能なヘルスケア・セクターを作り上げることに力を入れています。COVID-19に対する闘いの最前線にいるG42ヘルスケアは、その高度なAI技術と幅広いコンピューティング資源を活用し、COVID-19の検出の加速、新たなワクチンと医薬品治療に関する研究の実施、ウイルスの変異を含む感染動向の把握に努めています。当社は、不活化ワクチンの世界発の第III相臨床試験の実施を担いました。この臨床試験は、汎アラブ地域で国籍が125カ国以上にわたる4万3000人を超えるボランティアの参加を得て行われました。

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

APCO Worldwide
Reem Abi Ali, +971559648763
G42@apcoworldwide.com

情報提供元:
記事名:「生活を再活性化させるレース