• BGOディバーシファイド米国不動産ファンドが米国の同種ファンド中第1位となり、世界の同種ファンド中第4位にランクされる
  • サン・ライフ・ゼネラル・アカウントがカナダの同種ファンド中第2位となり、世界の同種ファンド中第6位にランクされる
  • プライム・カナダ・ファンドがカナダの同種ファンド中第3位となり、開発部門リーダーと評価される
  • WELPUTが英国の同種ファンド中第3位となり、世界のオフィス・非上場の同種ファンド中第8位にランクされる
  • BGOディバーシファイド米国不動産ファンド、サン・ライフ・ゼネラル・アカウント、プライム・カナダ・ファンドは、それぞれGRESBのレジリエンス・モジュールで満点を獲得

ニューヨーク & トロント & ロンドン & 東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- BentallGreenOak(BGO)は本日、その世界的不動産投資プラットフォームが、毎年のグローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)で再び世界最高ランクを達成したと発表しました。2020年のランキングは、BGOの世界的なESGに関する10年連続の卓越したリーダーシップを示しています。クライアントの投資運用戦略の重要要素として資産の強靭性に一層の重点を置く当社の姿勢により、いくつかのBGOアカウントがGRESBのレジリエンス・モジュールの412の参加者から全世界で第1位にランクされました。


BGOディバーシファイド米国不動産ファンドは、2019年から連続でリーダーに輝いており、米国ディバーシファイド・コアの同種ファンド中第1位、米州ディバーシファイド部門全体の第2位、ディバーシファイド・非上場コアの同種ファンド中で世界第4位にランクされました。サン・ライフ・ゼネラル・アカウントは、過去最高の結果を記録し、ディバーシファイド・非上場・コアの同種ファンド中カナダで第2位、世界で第6位を獲得しました。プライム・カナダ・ファンドは同種ファンド中カナダで第3位にランクされ、トップ3に入ってきた歴史を継続しました。プライムは、ディバーシファイド・オフィス/住宅・非上場部門で開発の部門リーダー賞も受賞しました。BGOの下でGRESBに今年初めて応募したロンドン・ウエストエンド不動産ユニット信託(WELPUT)は、英国オフィス・企業・バリューアッドの同種ファンド中第3位、オフィス・非上場のファンドで世界第8位に順位を上げました。

BentallGreenOakのソニー・カルシ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「持続可能性を企業責任へのアプローチの指針とし、クライアントのために大きな成長機会を実現する当社の取り組みが、GRESBで今年達成した結果に反映されています。世界中のBGOの従業員は、世界クラスのESGプログラムを通じて継続的な技術革新に取り組み、クライアントに価値を生み出すための未開拓の機会を模索しています。今年の成功を基盤としていきたいと思います。」

GRESB米州責任者のダン・ウィンターズは、次のように述べています。「BentallGreenOakのESGプログラムの持続的な卓越性は非常に素晴らしく、世界の同種ファンドに高い基準を設定しています。10年以上のリーダーの地位を称える2020年GRESB部門リーダー賞は、BentallGreenOakの持続可能性、技術革新、プラスの影響力への取り組みがいかにすべての組織レベルに根付いているかを確認しています。」

BentallGreenOakのマネジングディレクター兼ESG担当グローバルヘッドのアンナ・マレーは、次のように述べています。「当ファンドがGRESBレジリエンス・モジュールで第1位にランクされたことは、クライアントと投資家のために長期的リターンを推進すべく、BGOが不動産とポートフォリオのレベルでの気候リスクへの対処を重視していることを示しています。私たちは、投資運用チームと不動産チームがポートフォリオの将来性の保証に重点を置いていることを誇りに思います。戦略的計画、データ主導の知見、標準化された方法論により、私たちのチームはBGOのクライアントと投資家の将来のポートフォリオ構築での重大な脆弱性を評価・軽減できます。」

2020年には、1200以上の不動産会社、不動産投資信託(REIT)、ファンド、開発会社がGRESBの不動産評価に参加し、そのAUMは4兆8000億米ドルに上ります。この評価は、64カ国の9万6000件以上の資産を対象としています。

GRESBについて

グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)賞は、50個の不動産関連指標を使用した7つの持続可能性項目に関するGRESBの評価に基づいています。評価には、エネルギー消費、温室効果ガス排出、水消費、廃棄物などの資産パフォーマンス指標に関する情報が含まれます。アンケートとGRESBによる回答の評価と重み付けの詳細は、https://gresb.com/gresb-real-estate-assessment/でご覧いただけます。

BentallGreenOakについて

BentallGreenOakは、世界規模の大手不動産投資顧問会社であり、世界的に認知されている不動産サービスのプロバイダーです。BentallGreenOakは、約500億米ドルの運用資産(2020年9月30日時点)と、世界中のオフィス、リテール、商業施設、事業用不動産および集合住宅に関する専門知識を生かし、750を超える機関投資家のためにサービスを提供しています。BentallGreenOakは12ヶ国の24都市にオフィスを構え、各地域に関する深い知識と経験を持ち、当社がクライアントに代わって不動産資産に投資・運用する地域において幅広いネットワークも有しています。BentallGreenOakは、Sun Life Financial Inc.のオルタナティブおよび従来資産機関投資家向けの資産運用部門であるSLC Managementに属しています。

上記で示した運用資産には、BentallGreenOakの企業グループとその関連会社が運用する不動産投融資が含まれます。

詳しくは、www.bentallgreenoak.comをご参照ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media
Rahim Ladha
Vice President, Corporate Communications
BentallGreenOak
media@bentallgreenoak.com

情報提供元:
記事名:「BentallGreenOakの世界的不動産投資プラットフォームが、2020年グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)で最高の賞を受賞し、ESGのリーダーとして10年を迎える