北京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 中国が2025年までの5年間の経済・社会発展の青写真を公表してから2週間後の土曜日に、中国の指導者たちは揚子江経済帯の比較的具体的な計画と目標を打ち出しました。



それには、質の高い成長、グリーン成長、開放、自己革新が含まれていました。

江蘇省の視察を終えたばかりの中国の習近平国家主席は、省都南京での会議で、これらの議題を強調しました。

中国共産党(CPC)中央委員会総書記も務める習氏は、浦東地区の開発・開放の30周年を祝うべく11月12日に上海市に赴き、その後、江蘇省の南通市と揚州市を視察しました。

これは、10月26~29日に開かれた第19期CPC中央委員会第5回全体会議の後に行われた習氏の初の国内巡回視察でした。

この主要なCPCの会議では、2021~2025年の目標として質の高い成長を掲げて技術の自給自足を開発の戦略的柱に位置付ける第14次5カ年計画について検討しました。

計画では、中国は地域の開発と都市化を図り、内需拡大と供給側の改革を組み合わせ、市場を外資に拡大することも述べられています。

土曜日の会議では、11の省と直轄市を含む広大な地域の大規模な開発戦略が初めて説明されました。

会議では、習氏はこの大地域の最新動向について説明を受け、中央政府の高官4人と3省の首長から将来の計画についての助言と提案を受けました。

習氏は、この大地域が過去数カ月の中国の回復に大きく貢献しており、そのおかげで中国はパンデミックからの回復で他の主要国に先んじることができたと語りました。

習氏は、揚子江経済帯の強化計画について、より質の高い成長に重点を置いた新たな開発戦略に沿う必要があり、グリーン成長、地域の協調、開放、自己革新の役割モデルとなるべきだと述べました。

習氏は、揚子江経済帯の強化について、江蘇省や上海市という沿岸部から四川省や重慶市という内陸部までの11の省と直轄市を含むため、「戦略的に重要」であると語りました。

公式データによれば、この大地域は中国の国土の約5分の1を占め、人口は6億人で、中国のGDPの40パーセント以上を生み出しています。

習氏は、環境の脆弱性が揚子江沿岸の地域経済の持続可能な成長にとって最も重要な懸念事項であると指摘し、生態系の回復を優先するよう担当者に求めました。

習氏は、協調を強調しつつ、揚子江の上流、中流、下流の政府が生態系を回復し、メカニズム監視、警告システム、防災・救助手順を改善する際の行政上の障壁を克服する必要があると述べました。

揚子江流域は現在、世界で最も人口が多く、開発が進んだ地域の1つですが、モンスーンの季節には日常的に洪水に見舞われる地域でもあります。

この夏、揚子江流域では、1961年以来最も激しい降雨があり、数十年で最悪の洪水が発生しました。

水利部によれば、この洪水で約219人が死亡または行方不明となり、約6億3460万人が被災し、1789億6000万元(257億8000万ドル)の経済的損失が生じました。

習氏は、揚子江経済帯の構造的非対称性について述べ、国内生産とサプライチェーンを安定させるために、いくつかの労働集約型企業は工場を沿岸部から内陸部に移すことも考えるべきだと語りました。

習氏は、中国の推進力であるこの大地域がより革新的・安全で信頼性と価値が高い近代化された産業チェーンとサプライチェーンを構築する必要があると述べました。

習氏は、この目標を達成するために、この地域が全国的で包括的な技術革新ラボを設立し、企業により多くの支援を与えることで、技術革新への投資を増やすべきだと述べました。

習氏は、特に内陸部の外資への市場アクセスを開放するという誓約をあらためて示し、外国投資と貿易を拡大するために、地方経済を一帯一路構想にさらに統合するよう担当者に要請しました。

揚子江経済帯沿いの重慶市と成都市は、既に一帯一路構想の中継点として機能しています。

両市は、それぞれ2011年と2013年に中国・欧州間の貨物列車サービスを開始しました。最新の数字では、両市と欧州の間を1万本以上の貨物列車が走り、それは中国・欧州間を移動する全列車運行の40パーセント以上を占めています。

原記事は、こちらからご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
Jiang Simin
jiang.simin@cgtn.com
+86 18826553286

情報提供元:
記事名:「CGTN:中国の第14次5カ年計画の揚子江経済帯への影響