ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ムーディーズ・アナリティックスは、リスク・テクノロジー・アワードでIFRS 9 – 年間最優秀エンタープライズ・ソリューション賞およびIFRS 9 – 年間最優秀ECLモデリング・ソリューション賞を2年連続で受賞しました。この2つのIFRS第9号アワードの受賞により、ムーディーズ・アナリティックスは今年のリスク・テクノロジー・アワードで7部門を受賞したことになります。



IFRS第9号会計基準の導入に伴い複雑化した財務報告は、大きな課題となっています。信用ポートフォリオの将来のパフォーマンスを測定して報告するために、新たなデータ、分析、財務処理が必要とされるようになりました。ムーディーズ・アナリティックスのIFRS第9号ソリューションはモジュール型で柔軟性を備えているため、規模を問わずあらゆる機関による基準の遵守を支援すると同時に、リスク管理と意思決定プロセスを強化します。

ImpairmentStudio™ for IFRS 9プラットフォームは、当社のIFRS第9号ソリューションの中心に位置します。このクラウド・ベースのソフトウエアを使って、お客さまは減損分析を自動化し、予想信用損失の管理と監視を効果的に行うことができます。このソリューションは、当社の受賞歴のある経済予測、経済シナリオ、データ、モデルを包括しています。

ムーディーズ・アナリティックスの副チーフエコノミストのクリス・デリティスは、次のように述べています。「この度、2つの賞を再び受賞できたことを光栄に思います。新型コロナウイルス感染症によりもたらされた大きな混乱は、IFRS第9号により算出が義務付けられている予想信用損失が、経済の辿る経路次第で、急速かつ劇的に変化し得ることを改めて気づかせてくれています。また、効果的なリスク管理のためには、信頼性の高い予測を伴う柔軟な減損分析ツールを活用することの重要性も強調されています。今回の受賞は、当社の市場をリードする能力の証左と言えます。」

リスク・テクノロジー・アワードは、ALM、クレジット、オペレーショナル・リスク、エンタープライズ・リスク管理の各分野において業界に貢献している卓越したベンダーを称えるものです。

今回の受賞により、ムーディーズ・アナリティックスが受賞してきた賞や業界表彰がさらに増えました。

ムーディーズ・アナリティックスについて

ムーディーズ・アナリティックスは、お客さまの成長、効率性の向上、およびリスク管理を支援する金融情報と分析ツールを提供します。当社は、卓越したリスクに対する専門性と広範な情報資源、テクノロジーの革新的な応用を統合して、今日のビジネスリーダーが変化する市場に確信をもって対応できるようサポートします。業界をリードする当社のソリューションは市場で高く評価されており、リサーチ、データ、ソフトウェア、および専門サービスを組み合わせて、優れたカスタマー・エクスペリエンスを提供することができます。当社は、その品質、クライアント・サービス、およびインテグリティに対するたゆまない取り組みを背景に、信頼できるパートナーとして世界中の数千の機関に選ばれています。ムーディーズ・アナリティックスに関する詳細については、当社のウェブサイトをご覧いただくか、TwitterLinkedInで当社をフォローしてください。

ムーディーズ・アナリティックスは、ムーディーズ・コーポレーション(NYSE:MCO)の子会社です。ムーディーズ・コーポレーションの2019年の売上高は48億米ドルで、世界に約1万1300人の従業員を擁し、40カ国で事業を運営しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

JUSTIN BURSZTEIN
Moody’s Analytics Communications
+1.212.553.1163
justin.bursztein@moodys.com

Moody’s Analytics Media Relations

moodysanalytics.com
twitter.com/moodysanalytics
linkedin.com/company/moodysanalytics

情報提供元:
記事名:「ムーディーズ・アナリティックスがIFRS第9号で再びリスク・テクノロジー・アワードを受賞