株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に「新型コロナ禍の教育に関する調査」を実施しました。
現在、ほぼすべての小中学校、高等学校で学校が再開となり、各学校で新型コロナウイルスへの対策が行われています。
今回は、小中高の学校が再開されて大変だと思うこと・再開されて良かったと思うこと、今後のオンライン教育への意識について分析しました。


◆ ↓ クロス集計表のダウンロードはこちら ↓
[https://www.cross-m.co.jp/report/life/20200812education/]{https://www.cross-m.co.jp/report/life/20200812education/}


画像 : https://newscast.jp/attachments/PPvuG2WXk7Cmw1ho0hr7.jpg


小中高の学校の再開により大変だと思うことは、約半数が「学習の遅れを取り戻すこと」と回答。「感染者・濃厚接触者となった生徒のケア」がそれに続く。


「ソーシャルディスタンスの確保」や「換気の徹底」等の衛生面に関する項目は4割程度。「感染予防対策」よりも「学習の遅れを取り戻すことによる負担」の方がより大きな問題として捉えられている様子が窺える。<図1>


一方で小中高の学校が再開されて良かったと思うことは、「生徒の生活リズムが整う」が半数弱と最も高く、「生徒同士のコミュニケーションが取れる」がそれに続く。学習面以外での学校の役割の重要性が感じられる結果となった。<図2>


画像 : https://newscast.jp/attachments/GecXKhTCteaMVNiSa97y.png


今後の小学校~大学の授業について、「小学生はオンライン授業中心でよいと思う」は1割程度、「大学生はオンライン授業中心でよいと思う」は3割程度。


高校生や大学生の授業と比べ、小学生の授業について「オンライン授業中心でよいと思う」と回答した人の割合は少ない。
また、半数以上が「あてはまるものはない」と回答し、オンライン授業による教育に対して抵抗がある様子。<図3>


画像 : https://newscast.jp/attachments/HnJ4pGiVdWqCJzmBKxCr.png


◆ ↓ クロス集計表のダウンロードはこちら ↓
[https://www.cross-m.co.jp/report/life/20200812education/]{https://www.cross-m.co.jp/report/life/20200812education/}


■調査項目


□属性設問
□直近1週間の外出頻度
□直近1週間で自分の「楽しみ」のために使った金額
□昨今の状況下で「してもいい」と思うこと
□小中高が再開されて良かったと思うこと
□小中高が再開されて大変だと思うこと
□オンライン授業について


■調査概要


調査手法 : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域 : 全国47都道府県
調査対象 : 20~69歳の男女
調査期間 : 2020年8月7日(金)~8月8日(土)
有効回答数 : 1,100サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります


■会社概要


会社名 : 株式会社クロス・マーケティング [http://www.cross-m.co.jp/]{http://www.cross-m.co.jp/}
所在地 : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F


代表者 : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 : マーケティングリサーチ事業


◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当 : マーケティング部 TEL : 03-6859-1192 FAX : 03-6859-2275
E-mail : [pr-cm@cross-m.co.jp]{mailto:pr-cm@cross-m.co.jp}
≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」


情報提供元:@Press
記事名:「学校再開、良かったこと1位は「生徒の生活リズムが整うこと」 オンライン教育には低学年ほど抵抗感あり