マスケイド単体


熱中症対策で上にセット


眼鏡曇り対策で下にセット


マスケイド 閉じている時・開いた時の差(左:閉、右:開)

オリバーラボ株式会社(所在地:静岡県三島市、代表者:皆川 裕二)は、今迄に無いマスク用アイデア商品でマスク内の空気の流れをコントロールし、熱中症・眼鏡の曇り対策を可能にした「マスケイド(Maskaid)」(マスク+エイド)を開発し(特許申請中)、当社サイト等にて販売を開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/221256/LL_img_221256_1.jpg
マスケイド単体


【素人の金融マンがマスクに付ける画期的アイデア商品開発】
開発者である皆川は、日本生命で外国株式のファンドマネージャー、その後シティバンクのプライベートバンクグループで富裕層への資産運用・節税対策を経験し、金融一筋でした。

今回のコロナ禍でマスクの使用を余儀なくされ、暑さの中での息苦しさと眼鏡の曇りでマスクを外したいものの、周りの目が気になるので我慢していました。夏用マスクに期待したもののそれ程では無く、一念発起自力で熱中症・眼鏡の曇り対策になる「マスケイド」を作製しました。


【発想転換のマスク用アイデア商品「マスケイド(Maskaid)」】
夏の暑さ対策マスクとして多様な夏用マスクが販売されています。しかし、それらは概ねマスクの生地・形状に工夫が凝らされています。新商品「マスケイド」は、皆さんが熱くなるとマスクを軽く持上げる動作にヒントを得て、発想の転換で、マスクを少し持ち上げる弁を開発しました。3密状態下では弁を閉じ、屋外等では弁を開くことで、新鮮な空気を簡単にマスク内に取込み熱中症に対応します(マスク内側上部に2個セット)。

また、「マスケイド」をマスク下部にセットすれば、マスク内の空気を上方向ではなく、顎の方に流すことで眼鏡の曇りを防止出来ます。屋外と言えども人通りの多い街中では、なかなか人目を気にしてマスクを外すことは難しいです。でも「マスケイド」の弁を開けば、簡単に新鮮な空気をマスク内に取込めます。

ポリエステル製マスクはしっかり顔を覆い見た目にも美しいですが、残念ながら息をした時に口元が動き少し奇妙に見えます。まして話をした時には大きく口元が動き異様にさえ思えます。「マスケイド」の弁をワンタッチで開けば、マスクの動きは回避できます(マスク内側上部に2個セット)。

ジョギング好きの方にも、「マスケイド」を使えば息苦しさなくマスク着用が可能です。(上下に4個セット)


【ワンタッチで開閉可能】
「マスケイド」の弁の開閉はワンタッチ。軽くつまめば弁は開き、軽く押さえれば弁は閉じます。それを可能にしたのは、PET樹脂の反発力と磁石の微妙なバランス調整です。マスクの材質・大きさ・顔の大きさ等でマスクに係る張力は千差万別なので、軽く触るだけで弁を開き、同時にマスクの張力に負けず弁を開き続けることは至難の業です。(特許申請中)


【殆どのマスクに対応】
マスクは毎日取替えるので、簡単な取外しが必要です。また、個人の好みで多様なマスクが使用されています。毎日の取外し・どのような材質のマスクにも対応できるように特殊な両面テープで取付可能にしました。「マスケイド」の重さはわずか3グラムなので、がっちり固定する必要は有りません。むしろ軽く引っかかっているだけで十分です。マスクと肌の間に挟まっているので落ちることはありません。お気に入りのマスクにも毎日洗って取付可能です。


【今後の展開】
世界中のコロナに苦しんでいる方に、早く・安くいきわたる方法を考えたいと思います。また、肌触り等皆様のご要望をお聞きして改良を加えていきたいと考えています。


【商品概要】
商品名 : 「マスケイド(Maskaid)」
価格 : 700円(税別)
発売日 : 令和2年8月4日
発売場所: 当社ホームページ、Amazon
URL : http://oliverlabo.com


【会社概要】
社名 : オリバーラボ株式会社
所在地 : 〒411-0036 静岡県三島市一番町18-25,908
代表者 : 皆川 裕二
事業内容: 日常生活に役立つアイデア商品の企画・製造・販売
URL : http://oliverlabo.com

情報提供元:@Press
記事名:「マスク内の空気の流れをコントロールし熱中症・眼鏡の曇りを解決!「マスケイド(Maskaid)」を8月より販売開始