BVMGPS5605S


FBV-EVK-GPS5605S

株式会社Braveridge(ブレイブリッジ、本社:福岡県福岡市西区、代表取締役社長:小橋 泰成、以下「Braveridge」)は、GNSSモジュール「BVMGPS5605S」及び、同モジュールを搭載したSonicBoard*「FBV-EVK-GPS5605S」を2020年8月20日から販売開始いたします。
両製品は、ソニーセミコンダクタソリューションズ製GNSS受信LSI「CXD5605GF」を搭載した製品です。
*SonicBoard(ソニックボード):Braveridgeの新たなコンセプトの開発ボードシリーズです。


▽GNSSモジュール「BVMGPS5605S」
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/220706/LL_img_220706_1.png
BVMGPS5605S
「BVMGPS5605S」は、ソニーセミコンダクタソリューションズ製GNSS受信LSI「CXD5605GF」を搭載し、業界最小レベルの低消費電力動作を実現したマルチGNSS受信モジュールです。

安定した高受信感度を実現すべく、1.575GHz-SAWフィルタと外付けLNAを内蔵。プログラムFLASHも内蔵しています。また、Braveridge独自の電源ノイズ耐性を向上させるノウハウも導入した最新設計モジュールです。
外部パッシブアンテナ(50Ω)を繋ぎ、Host CPUからのコマンド操作(UART/I2C)で、業界最高クラスのGNSS受信性能をすぐに実感できます。

IoTデバイスの「位置情報センシング」は、これから非常に利用価値の高いセンサー情報です。一方、現状では、バッテリー駆動時の消費電力が非常に大きく、バッテリー動作可能時間を制限してきました。
今回開発した「BVMGPS5605S」の測位時消費電力は従来の他社製品の約1/2(当社比較)に抑えられ、動作可能時間の拡大に大きく貢献します。
加えて、11.0mm x 7.5mm、82.5平方mmの省スペース設計。見守りデバイスやウェアラブルデバイス、モニタリングデバイス、ヘルスケア製品、スマートウォッチ、デジタルカメラや、ドライブレコーダーなどアフターマーケットの車載アクセサリー、などの用途に適しています。
・サイズ :W 11.0mm x D 7.5mm x H 1.85mm
・対応衛星:GPS, GLONASS, SBAS, QZSS, BeiDou, Galileo
・販売開始:2020年8月20日


▽SonicBoard「FBV-EVK-GPS5605S」
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/220706/LL_img_220706_2.png
FBV-EVK-GPS5605S
最新開発のGNSSモジュール「BVMGPS5605S」を搭載した、Braveridgeの新開発ボード「SonicBoard」シリーズの第1弾製品です。
SonicBoard「FBV-EVK-GPS5605S」には、一般的に使用されているパッチアンテナではなく、Braveridge独自開発のダイポールアンテナ**を組み込んでいます。これによりパッチアンテナの弱点を克服し、広受信範囲からのGNSS衛星を受信することが可能です。ぜひ、CXD5605GFを使用したGNSSモジュール「BVGPS5605S」の実力を体感してください。
**昨今のIoTデバイス企画では、動的使用用途(基板やアンテナが常に頂点方向を向いていない使用用途)が増えています。Braveridgeでは、動的使用用途にはGNSSダイポールアンテナを推奨しています。製品設計にダイポールアンテナを使用される場合には、Braveridge Antenna Service(有料)による支援も可能です。

SonicBoardシリーズは、デバイス開発の早期着手を可能にし、デバイスの開発期間を大幅に短縮、開発費を抑制できる、画期的な新開発ボードです。本製品には、アンテナ、電源回路、USBシリアル変換回路を搭載。インターフェースはUART/I2C/USBを選択可能です。
今後、SonicBoardシリーズとして発売予定の、Bluetooth(R) Low EnergyやLTE-M、Sigfox、Wi-Fiなどの各種SonicBoardと配線するだけで、すぐにソフトウェアの開発に着手できます。
さらにBraveridgeは、SonicBoardの回路図***を編集可能な状態で公開します。このリファレンス回路図を使うことで、回路開発の学習効果と開発効率の改善に貢献します。
***電子CADソフトQuadceptで編集可能なプロジェクトファイル形式での公開となります。
・マルチGNSS受信モジュール「BVMGPS5605S」を搭載
・サイズ :W 15.0mm x D 100.05mm x H 8.8mm
・販売開始:2020年8月20日

◆「SonicBoard」シリーズについてはこちら: https://www.braveridge.com/product/sonicboard

◆製品仕様書はこちらから
Braveridge 製品サポートページURL: http://www.products.braveridge.com/


■会社概要
名称 : 株式会社Braveridge
所在地: 福岡県福岡市西区周船寺3-27-2
代表 : 代表取締役社長 小橋 泰成
設立 : 2004年7月
資本金: 100,000,000円
URL : https://www.braveridge.com/

株式会社Braveridgeは、Bluetooth(R) Low EnergyやLTE-Mをはじめとする各種LPWAなど無線通信技術を軸に、日本国内でIoTデバイスの企画・開発・量産・販売を行うハードウェアメーカーです。2019年には電気通信事業者登録を行いMVNOとして回線、プラットフォーム、デバイスを含めた総合的なIoTサービスの提供を開始しています。

情報提供元:@Press
記事名:「IoTデバイス開発のBraveridge、GNSSモジュール「BVMGPS5605S」とGNSS開発ボードSonicBoard「FBV-EVK-GPS5605S」発売