テレ朝・玉川徹氏、「事実ではありませんでした」国葬発言を謝罪訂正で視聴者から怒号「降板させろ」「デマ垂れ流す局も無責任」

9月29日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に、テレビ朝日社員でコメンテーターの玉川徹氏(59)が出演。前日の番組内での発言を「事実ではありませんでした」と訂正したが、視聴者からは「反省してるなら冒頭で謝罪すべきだろ」「これまでも失言多すぎるし、降板させるべき」「憶測で語ってこんな誤報が許されるか!」と大炎上している。
朝8時スタートの同番組だが、話題が切り替わった9時12分に司会の羽鳥慎一アナウンサー(51)から「きのうのパネルコーナーで玉川さんが発言したことについて、玉川さんから……」と説明が入り、これを受けた玉川氏が「きのうのパネルコーナーの中で、私が安倍元総理の国葬に『電通が関与している』というふうにコメントしたんですが、この発言はですね、事実ではありませんでした。さらに、電通は全く関わっていないということが分かりました」と、誤った認識のうえでの発言だったと訂正。そのうえで「関係者の皆さま、それから視聴者の皆さま、訂正して謝罪致します。申し訳ありませんでした」と謝罪し頭を下げた。
玉川氏は前日の番組内で、安倍晋三元首相(享年67)の国葬で菅義偉前首相(73)が友人代表として述べた弔辞に関して、「それはそういう風に作りますよ、当然ながら。政治的意図がにおわないように、それは制作者としては考えますよ。当然、電通が入ってますから」と発言していた。謝罪は時間にしてわずか20秒だったが、その後の羽鳥アナの「では、このあと、玉川さんの『そもそも総研です』」というアナウンスで、すぐさま玉川氏の持ちコーナーに移行。
これに視聴者から「本当最低ですね まさか謝罪だけで済むと?」「名誉棄損で訴えられるレベルの誤報」「本当に反省してるの?なぜコーナーの隙間に目立たない形で謝罪するの?本来なら冒頭に謝罪でしょ」「菅さんにも謝って!」「『私、嘘ついてました』の直後に自分が担当したコーナーをこんな平気な顔して、どうしてできるのか」と怒りの声が噴出している。
玉川氏は今月9日にも、旧統一教会に関連する発言に際し“反社会的勢力”と“北朝鮮に関わる団体”を同列だと受け止められかねない発言をして、番組終盤に『不適切だったと思います。すみませんでした』と謝罪したばかり。ほかにも、憶測や間違った認識のものとで持論を語る傾向があり、6月には帯状疱疹ワクチンに関する誤情報を語って、のちに『勘違いしてました。すいみませんでした』と謝罪しています。しかも、こうした失言や誤認発言を何年も繰り返しており、そのたびに番組内で簡単に謝罪するだけ。『降板させろ!』『テレ朝の社員なんだから上層部も謝罪に出てくるべき』『こういうやつを使い続けデマを垂れ流す局も無責任』と、テレビ朝日に対する批判も声が多くあがっていました」(政治記者)
前日には、ディレクターの立場から「政治的意図がにおわないように考える」とも発言していただけに「テレ朝が今まで意図的な情報操作をして、発信したと公言した」「誤解は解消されないし意図的悪用ならテレビ電波を使う資格がない」と盛大なブーメランとして跳ね返ってきていた。

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...