ガーシー議員、“中絶トラブル”巨人・坂本勇人との接点を暴露「もう完全に忖度してる」「話聞いてると、どうしようもない奴」

暴露系YouTuberでNHK党所属の参院議員の「ガーシー」こと東谷義和氏(50)が17日、ツイキャスで生配信を実施。プロ野球選手で読売ジャイアンツの坂本勇人(33)が文春オンラインで報じられた“中絶トラブル”について触れ、「結構話聞いてると、どうしようもない奴みたいやけど」と知られざるプライベートの一面を暴露した。
この日早朝、ツイキャスLIVEに臨んだガーシー議員。有料オンラインサロン『GASYLE(ガシる)』の進行状況や近況などを語っていたが、ユーザーの質問に答えるかたちで坂本の“中絶トラブル”報道について私見を述べた。
ガーシー議員は「もう完全に読売に忖度してるんでしょ。今、マスコミを持ってるからね。(ジャイアンツの親会社は)テレビ局も新聞紙も」と、まずは坂本の女性問題を報じないテレビのワイドショーやスポーツ紙に苦言を呈し、「もう一発食らったらアカンやろな」と私見を述べた。
また、坂本についてのエピソードとして「俺の知り合いの女の子が坂本と付き合っとってさ。結構、話聞いてると、どうしようもない奴みたいやけど」と明かし、「まあ、どうしようもないよな、坂本はちょっと…」としつつ、以前から暴露予告している坂本のライバル球団のスラッガーの実名を上げ、「まあ、この辺りはどうしようもない。ほんまに。似てるやん。2人ともタイプが」と話していた。
文春オンラインが報じたところによると坂本は、プライベートの飲み会で知り合った女性に避妊具なしの肉体関係を求め、やがて妊娠が発覚するや坂本は暗に中絶を求めたことで女性はショックを受け自殺未遂を起こしたという。証拠となるLINEでの生々しいやり取りや音声まで公開されており、坂本の非道な行為にネット上では批判が渦巻いていた。

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...