北朝鮮、米の戦車供与を非難=与正氏、ロシアと連帯強調

 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金与正朝鮮労働党副部長は27日、米国がウクライナに主力戦車の供与を決めたことについて「戦争の状況を段階的に拡大している米国の行いに深刻な懸念を表明し、強く糾弾する」との談話を発表した。  与正氏は「米国と西側諸国が誇るいかなる装備も英雄的なロシア軍、人民の不屈の戦闘精神と威力の前に全て燃えて鉄くずになると信じて疑わない」と強調。「われわれはロシア軍、人民といつも同じ塹壕(ざんごう)に立っているだろう」と連帯を示した。 【時事通信社】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...