yahoo

園職員、千奈ちゃん不在を認識=バス園児死亡で保護者説明会―静岡

2022.09.07 13:16
rss 時事通信社
ニュース
コメントする
音声で聞く
 静岡県牧之原市の認定こども園「川崎幼稚園」で、園児の河本千奈ちゃん(3)が通園バスの中に約5時間取り残されて死亡した事件で、園職員が事件当日の日中、クラスに千奈ちゃんがいないと認識していたことが7日分かった。  5日朝に千奈ちゃんがバスに乗ったことは、同乗していた派遣職員の70代女性が確認しており、園児らの登園管理アプリにも「登園」との情報が入力されていた。県警は送迎時の出欠確認の状況などについて詳しく調べている。  園は7日午前、保護者向けの説明会を開いた。市によると、園側から、理事長の70代男性が辞任する意向であるとの説明があったという。  子どもが年長クラスという男性は「幼稚園が今後どうなっていくのか聞きたい」と不安げな表情を浮かべ、足早に園へ向かった。  別の女性は、園に以前通っていた長女が本来の降車地より先の地点まで通園バスに乗せられていたことがあるといい、「乗っていることに気付かなかったと(園から)言われ、バスを利用するのをやめた」と話した。現在、園に通う長男は自分で送迎しているという。   説明会開始から約1時間後の午前11時ごろ、体調不良を訴えたとみられる保護者ら数人が職員に連れられ、別室に移動。複数の救急車と消防車が園に駆け付け、騒然とした空気に包まれた。  園側は市に対し、園に到着後、千奈ちゃんがバスから降りていないことを「確認していなかった」などと説明していた。  県警によると、千奈ちゃんら園児6人を乗せたバスは5日午前8時50分ごろ、園に到着。この日の運転手は急きょ、理事長が務めていた。午後2時10分ごろ、バスの中で意識を失っている千奈ちゃんを職員が発見し、搬送先の病院で死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は熱射病だった。(了) 【時事通信社】 〔写真説明〕認定こども園「川崎幼稚園」で開かれた保護者向けの説明会に参加する保護者ら=7日午前、静岡県牧之原市
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間