ロシア、飛び地に極超音速兵器配備=NATOをけん制

 ロシア国防省によると、極超音速ミサイル「キンジャル」を装備したミグ31戦闘機3機が18日、バルト海に面するロシア西部の飛び地カリーニングラード州の軍基地に配備された。ウクライナ侵攻をめぐり対立する北大西洋条約機構(NATO)をけん制する意図があるとみられる。  国防省は今回の配備について「戦略的抑止策」の一環と説明。戦闘機は昼夜を分かたず警戒に当たると強調した。 【時事通信社】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...