領海侵入、最長を更新=中国公船、日本漁船に接近―沖縄・尖閣沖

 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で21日から23日にかけ、中国海警局の「海警」2隻が64時間にわたり領海に侵入した。領海内の日本漁船に近づこうとしたため、海上保安庁の巡視船が退去を要求した。領海内に連続で滞在した時間は、2020年10月の57時間39分を上回り、12年の同諸島国有化以降で最長となった。   第11管区海上保安本部(那覇市)によると、2隻は21日午前4時10分ごろ、魚釣島南西の領海に侵入。23日午後8時5~10分ごろ、南小島南南西から出た。(了)【時事通信社】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...