【ロンドン時事】ウクライナのゼレンスキー大統領は、26日にドイツ南部エルマウで開幕する先進7カ国首脳会議(G7サミット)にオンラインで出席する予定だ。2月24日のロシアの侵攻開始から4カ月になるが、兵士を鼓舞するために前線に赴くことはあっても、出国はできていない。
 サミットではウクライナ情勢に関する特別なセッションが用意されている。ゼレンスキー氏は15日に議長国ドイツの招待を受け、出席する意向を示していたが、対面かオンラインかは触れていなかった。
 ゼレンスキー氏は22日の国民向け演説で「領土を(ロシアから)解放し、勝利を収めることがわれわれの目標だ」と強調。サミットでも同様の考えを訴えるとみられ、G7がどのような支援メニューを打ち出すかが焦点となる。 【時事通信社】
〔写真説明〕ウクライナのゼレンスキー大統領=21日、キーウ(キエフ)(EPA時事)

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 ウクライナ大統領、G7出席へ=対面かなわず、オンラインで