23日午前10時35分ごろ、仙台―白石蔵王間を走行中の東北新幹線上り線「はやぶさ・こまち14号」が、車内で焦げた臭いがしたため途中停車した。JR東日本によると、この列車は白石蔵王―東京間で運休となった。後続列車への影響は調査中という。
 乗務員から「10号車内から焦げた臭いがする」と申告があったため、停車して車内点検を行った。午前11時に運転を再開し、白石蔵王駅まで乗客を運んだ後、運休となった。 (了)【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 東北新幹線で異臭=白石蔵王―東京間で運休・JR東