【ニューヨーク時事】連休明け31日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は大幅続伸し、一時3月上旬以来約3カ月ぶりの高値を付けた。欧州連合(EU)がロシア産石油の輸入禁止で合意したことを受け、市場への原油の供給が逼迫(ひっぱく)するとの懸念が強まった。 【時事通信社】