【ワシントン時事】ワシントンで開かれていた米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別首脳会議は13日、ロシア軍が侵攻を続けるウクライナ情勢に関し、即時停戦を訴える共同声明を発表して閉幕した。声明は「すべての国の主権と独立、領土の一体性」を尊重することを強調。一方、ロシアの名指しは避け、対ロ非難を抑制した形だ。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 ウクライナでの即時停戦訴え=共同声明、対ロ非難抑制―米ASEAN首脳