北海道・知床半島沖の観光船沈没事故を受け、13日に開会した地元の斜里町議会では、馬場隆町長や町議らが冒頭に1分間の黙とうをささげ、犠牲者らの冥福を祈った。  馬場氏は町政報告で、「知床が大好きで何度も来られた方もいる。このような事態に至ったことは断腸の思いだ」と事故に言及。町の対応については、「救助や捜索への協力に加え、ご家族への対応で希望に応える努力をしてきた。悲しみを共有しながら行ってきた」と述べた。 (了)【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 議会で黙とう、「断腸の思い」=知床半島沖の観光船事故で斜里町長