【ワシントン時事】オースティン米国防長官は18日、訪問先のポーランドの首都ワルシャワで記者会見し、同国にM1A2エイブラムス戦車250両を売却する方針を表明した。関連機器を含む売却総額は、約60億ドル(約6900億円)に上る見通し。  オースティン氏は「この売却は米軍とポーランド軍の相互運用性を強化し、抑止力を高める」と指摘。ウクライナへの軍事圧力を強めるロシアを念頭に、「米国とポーランドは他の同盟国とも結束し、欧州の平和と安定を脅かす課題克服に向けて協力する」と語った。  ポーランドには米軍4000人以上が巡回駐留しているが、米国防総省はウクライナ情勢の緊迫化を受け、約4700人の増派を決めた。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 ポーランドに戦車250両売却=欧州安定へ結束強調―米長官