神奈川県大井町の東名高速道路で2017年、「あおり運転」で停止させられた乗用車にトラックが追突し、一家4人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた無職石橋和歩被告(30)の差し戻し裁判員裁判の初公判が27日、横浜地裁(青沼潔裁判長)である。石橋被告はこれまでの公判で、起訴内容をほぼ認めている。  一審横浜地裁は18年、同罪の成立を認めた上で懲役18年を言い渡した。東京高裁も19年、同罪の成立を認定した一方、地裁が公判前整理手続きで「危険運転致死傷罪の成立は認められない」と表明していた点を問題視。見解の変更を告げないまま同罪で有罪としたのは違法だとして一審判決を破棄し、地裁に審理を差し戻した。  起訴状によると、石橋被告は17年6月5日夜、時速約100キロで静岡市の自営業萩山嘉久さん=当時(45)=一家が乗る車を追い抜いて進路をふさぐ運転を繰り返し、追い越し車線上に停車させて追突事故を誘発、萩山さんと妻友香さん=同(39)=を死亡させ、娘2人にけがをさせたとされる。(了)【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 東名あおり運転、差し戻し審初公判=一家4人死傷事故―横浜地裁