放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、東京五輪公式記録映画の総監督を務める河瀬直美さんに密着したNHK・BS1の番組に不適切な字幕が付けられた問題を討議し、NHKから報告を受けた上で審議・審理入りの是非を判断すると決めた。  小町谷育子委員長は「分からないことが多く、事実を確認したい。どうしてあのような不正確なテロップができたのか、事実がどうだったのかを把握するのが優先事項だと考えている」と語った。  同番組は、映画の製作中に男性を取材した場面で、五輪反対デモについて「実はお金をもらって動員されていると打ち明けた」などの字幕を付けたが、男性がデモに参加していたかどうかを確認できていなかった。 (了)【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 NHK字幕問題を討議=BPO