トラウデン直美さんと水素エネルギーについて楽しく学ぶ動画「カワサキ水素大学篇」

川崎重工業株式会社は、企業ブランドムービー「カワる、サキへ。」の最新作として、モデルのトラウデン直美さんを起用したショートムービー「カワサキ水素大学篇」を、2022年10月4日(火)に公開しました。
また、同日よりショートムービーと連動したTVCMも放映を開始します。
「エネルギー・環境ソリューション」の中核を担う“水素事業”
川崎重工グループ(以下、「カワサキ」)は、2030年に目指す将来像を掲げた「グループビジョン2030」において、社会課題の解決に向けて今後注力するフィールドのひとつに「エネルギー・環境ソリューション」を挙げています。
そして、その中核を担うのが「水素事業」です。
カワサキでは水素事業を知ってもらうために、2021年よりモデルのトラウデン直美さんを起用したPRを展開。
今回は第2弾として、カーボンニュートラルな社会を実現するためのカギとなる「水素」についてわかりやすく解説した、ショートムービー「カワサキ水素大学篇」が公開されました。
今回の動画にもトラウデン直美さんが出演。動画では、「なぜ水素が必要なのか?」「水素を使うメリットはなにか?」という疑問に触れられています。
水素」をテーマに、3つの授業を展開するショートムービー
舞台は、「カワサキ水素大学」という架空の学校。
大学に入学してきたトラウデン直美さんと一緒に授業を受けるという体験を通じて、水素に関する基礎知識や、水素がエネルギーとして利用される未来の姿について学んでいきます。
動画は、『水素の基礎講座』、『水素でクリーンな社会』、『水素で広がる未来』の3本。
学びの場である「大学」というフレームをふまえて、それぞれ講座・ゼミ・フィールドワークを模した構成となっています。
また、ショートムービーと連動したTVCMも放映予定。
CMは、ムービーの内容をコンパクトにまとめたクイズ形式のコンテンツとなっており、水素の知識が自然と身につく内容です。
水素はどこがすごい?」「水素は何に使える?」「水素をみんなが使いやすくするには?」など、水素に関する素朴な疑問を解決します。
「カワサキ水素大学」のコンテンツは、いずれも「水素を学ぶこと。わたしの未来を学ぶこと。」が共通テーマです。
日本では、2050年までにカーボンニュートラルな社会を実現すべく、さまざまな取り組みが進められています。
2050年というと、まだまだ先のことのように聞こえますが、いまを生きているわたしたち、そして自身の大切な人たちの多くが迎えることになる、決して遠くない未来です。
カーボンニュートラルな社会=クリーンで明るい、持続可能な社会を実現するための切り札として注目を集める「水素」について知ることは、自分たちがどのような未来を生きていくのか、どのような未来を残したいのかを考えることにつながります。
動画を見て「水素」を知り、新たな視点からわたしたちの未来を考えてみませんか。
【参考】
※「カワサキ水素大学」特設サイト
https://www.khi.co.jp/hydrogen/college/

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...