「まちだ里のマルシェ」1年ぶりの開催
2020年11月28日(土)、東京町田市の「農村伝道神学校グラウンド」にて、地元の新鮮野菜を販売するオーガニック市「まちだ里のマルシェVol.6」が開催されます。

今年で6回目となる同イベントは、本来春に実施予定だったものが新型コロナウイルスの影響で延期に。今回出展者数を縮小し、手指の消毒や検温など徹底した対策のもと開催されることになりました。

こだわりの地産物が集結
マルシェでは「里で見つける いいモノ、いい場所、いい出会い」というテーマのもと、地元の生産者がこだわって作った地産物を販売。ものづくりに真面目に向き合う生産者と地域の人々を結びつける一翼を担います。

当日販売されるのは、オーガニック野菜やハーブ、加工品、手作りジャムをはじめ、野生ルイボスティーや自家焙煎の有機珈琲、手作り洗濯洗剤など、幅広いラインナップ。ワークショップやライブ演奏も予定されています。

(画像はプレスリリースより)


※町田市役所のプレスリリース
https://machida-marugoto.jp/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「【11月28日(土)】地産地消のオーガニック市「まちだ里のマルシェ」開催