ホームまで長く続く階段が特徴
JR東日本スタートアップ株式会社が、無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」の宿泊施設開業に先駆け、2020年8月8日に群馬県の上越線「土合駅」にて駅舎内喫茶「mogura」をオープンしました。

普通鉄道の駅としては群馬県最北端にあり「関東の駅百選」認定駅の1つでもある「土合駅」は、新清水トンネル内の下りホームまで駅舎(地上)から階段で10分ほどかかることから「日本一のモグラ駅」として親しまれています。

無人駅の新たな価値を提供
今回オープンした「mogura」は、かつて実際に利用されていた駅務室を改装したカフェスペース。2020年2月の実証実験では、宿泊者や地元の人が集まり大盛況となりました。

営業時間は11時から18時(※)。カウンターは切符売り場をそのまま利用しており、普段なら入ることのできない駅の内部でゆっくりと流れる時間とともにコーヒーやクラフトビールを味わえます。

感染症予防のため従業員の検温とマスク着用、座席数や配置の調整、店内の換気、店舗店頭での案内掲示などを実施。利用客にもマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、手指消毒への協力を呼びかけています。

※国内感染状況や行政からの要請により休業する可能性があります。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※JR東日本スタートアップ株式会社のプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

※JR東日本スタートアップ株式会社
http://jrestartup.co.jp

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「【群馬】「日本一のモグラ駅」で喫茶店がオープン!