小顔メイクは、時代によって定義が大きく変化していることをご存じでしょうか?

グローバルメイクアップブランド「KATE(ケイト)」では、2021年2月1日(月)に、小顔印象を演出するアイシャドウ「ケイト パーツリサイズシャドウ」を新発売。
新商品の発売にあたり「KATE」では、美容ジャーナリストの鈴木絢子さんの監修協力のもと、小顔印象メイクのトレンド変遷をまとめました。

また、あわせて「ケイト パーツリサイズシャドウ」を使った注目の小顔印象メイクについてもご紹介します。

美容のプロフェッショナルに聞く、小顔印象メイクのトレンド変遷
日本で「小顔」に注目が集まりはじめたのは、1990年代の中ば頃から。小麦色の肌に「小顔」が印象的な人気歌手が大人気となり、彼女のスタイルを真似たギャルメイクが流行しました。

2000年代後半にはファッション雑誌の人気モデルをお手本とする「モテOLメイク」が大流行。
アイライナーとまつ毛アイテムを使った「囲みデカ目」メイクが小顔メイクの基本となります。

2010年代前半になると韓国アイドルが人気になり、韓国語で「かわいい」「美少女」という意味の「オルチャンメイク」が大きなトレンドとなりました。
彼女たちの太目の平行眉は、小顔印象メイクとしても人気を集めます。

2015年頃からは「すっぴん風メイク」が主流に。ナチュラルでありながら色っぽさも感じられ、しかも小顔印象にみせられる「血色感メイク」が人気を集めました。

2010年代後半には海外セレブリティが紹介した「コントゥアリングメイク」が流行。
丸顔や面長などのコンプレックスをカバーしながら、メイクだけであこがれの骨格を演出できるとして、ブームとなりました。

今注目の小顔メイクは「下まぶた強調メイク」
2021年を迎えたいま、次なるトレンドとして注目したいのが、「アイシャドウ」を使った小顔印象メイク=下まぶた強調メイクです。
「下まぶた強調メイク」とは、アイシャドウを下まぶたに広くいれて、ほほの余白を埋めることで小顔を演出するメイクテクニック。目を「下」に大きくみせる効果があります。
色や質感に特徴のあるアイシャドウを選んで、下まぶたにポイントを置くことにより、ほほの余白が目立ちにくくなります。

目を下に大きくみせて小顔印象を演出する「ケイト パーツリサイズシャドウ」
KATEは、2021年2月1日(月)に、小顔印象を演出する「ケイト パーツリサイズシャドウ」を発売します。

2021年春は、新たにアイシャドウを下まぶたに幅広く入れることで小顔印象を演出する「小顔リメイク*アイシャドウ」を提案。
上まぶたの彫りを演出するマットなカラー、下まぶたを強調して目を下に大きくみせるツヤのあるカラー、目の輪郭を際立たせる影色カラーの3色をセットしています。
色と質感に差をつけて、下まぶたにポイントを置いたメイクをすることで、ほほの余白が目立たなくなり小顔印象を際立たせます。
(*メイクアップ効果による)

ラインナップは全8種。お好みのカラーで、小顔メイクをお楽しみください。

【参考】
※「KATE」ブランドサイト
https://www.nomorerules.net/ 

※「ケイト パーツリサイズシャドウ」商品ページ

https://www.nomorerules.net/pickup/parts_resize_shadow/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「次に流行る小顔メイクは「アイシャドウ」を使った下まぶた強調メイク!?〜メイクトレンド変遷〜