車旅をより快適にする、18のギアセレクト。

行動力を無限に広げてくれるクルマだからこそ、周辺ギアにもこだわって、より楽しく、快適に旅をできるよう工夫したいもの。もっと遠くへ、もっといろんなところへと行きたくなるクルマまわりのギアを集めてみました!
【Rooftop gear】ルーフを活用して快適なキャンプ生活を。
ギアの運搬、タープの固定、テントの設置など、クルマのルーフトップは無限の可能性を秘めているのです。実用性が大幅に高まると同時に、遊びグルマらしいカスタム感を演出できるのもポイントです。
01. VAN LIFE SUPPLYby FREAK’S STORE × muraco(ヴァンライフ サプライ バイ フリークスストア×ムラコ)
CAR SIDE PENELOPE
ムラコとコラボした漆黒のカーサイドテント。ヴァンライフサプライで人気のカーサイドテントの使い勝手の良さはそのままに、ムラコらしいオールブラックで武装した注目コラボ。車高170~200cmに適したサイズで、耐水圧1500mmと急な雨にも対応。¥51700
(問)“ザ キャンプ” フリークス ストア tel:0280-47-1186 
https://www.freaksstore.com/
 
02. springbar(スプリングバー)
HIGHLINE AUTOFLY COTTON
ルーフレールなどがあれば、数分で簡単に取り付け可能なシェードキャノピー。8ozのハーディーダックキャンバス生地やアルマイト素材フックなど耐久性にも優れる。¥52800
(問)エイアンドエフ tel:03-3209-7575 
https://aandf.co.jp/#/
 
03. SMITTY BILT(スミッティービルト)
OVERLANDER TENT XL
大人3~4人が寝られるほどの広大なスペースを備えたルーフトップテント。出入り口以外に窓が3箇所、ルーフにも天窓2箇所が付き、広さと相まって高い解放感を味わえる。¥258000
(問)オートプロズ 
  • www.auto-proz.com
  •  
    04. YAKIMA(ヤキマ)
    SKINNY WARRIOR
    幅58cmと細身のデザインなので端に寄せて、ボード系やカヤック、自転車など他の大型ギアとの併載が可能なルーフラック。積載物を固定できるカーゴネットも付属する。¥45000
    (問)オートプロズ 
  • www.auto-proz.com
  •  
    【The Container】スタイリッシュに整理整頓して荷物を運ぶ。
    クルマで行く旅は荷物が多くなりがち。いくら積載量が多いからって乱雑に積み込むと、忘れ物もしやすいし何より見た目がNG。クルマの旅は積み上げて積載しやすいコンテナを活用するのが正解です。
    05. NATAL DESIGN(ネイタルデザイン)
    ALUMINUM CONTAINER 123
    インダストリアルな雰囲気がソソる。MMF×TOSHOのアルミコンテナに、ネイタルデザインのサークルロゴをエンボス加工でトップと両サイドにあしらったスペシャルモデル。完全防水ではないがパッキンが装備され、ちょっとした雨くらいなら問題なし。¥30250
    (問)スキャターブレイン tel:03-6804-8739 
    https://www.natal.jp/
     
    06. IKIKI(イキキ)
    SHELF CONTAINER L OAK
    サイド4面が取り外せ、長尺物の運搬や重ねた時の中身の出し入れが可能な優れモノ。写真は別売のオプションが付属した状態。¥37400、ホイールセット:¥14300、トップパネル:¥9900
    (問)イキキ 
    https://ikiki.jp
     
    07. JAGUY(ヤガイ)
    MULTI GEAR CONTAINER LH
    PVCコーティング済み600Dポリエステル生地で撥水性に優れたソフトコンテナ。メッシュポケットや可動式仕切りを内部に備え、カラビナ型のボトルオープナーも付属する。¥9790
    (問)アスティー tel:03-6803-2401
     
    【Stay in the Car】車中泊をより快適にするアイテムたち。
    車中泊はある意味クルマの旅ならではの醍醐味のひとつといえます。 テントでのキャンプとはまた一味違った楽しみのある車中泊が、楽しく快適になる寝具や電化製品を中心にピックアップしてみました。
    08. EXPED(エクスペド)
    DREAM WALKER PRO M
    腕と足を出せる“歩ける寝袋”であり、ブランケットやハンモックキルトとしても使える多機能な一品。耐水透湿ナイロン生地に700FPヨーロピアンダックダウンを内包する。¥55000
    (問)双進 tel:03-3258-6211 
    https://online-store.sohshin.net/
     
    09. Hill Stone(ヒルストーン)
    EE289
    12V・24V兼用で最大2合まで炊け、自動保温機能も付く車載用炊飯器。標準・早炊き・蒸す・玄米・おかゆ・ケーキ・再加熱と多機能で予約・保温機能は最大12時間まで設定可。¥5005
    (問)万方商事 
  • www.yokaro.shop
  •  
    10. EcoFlow(エコフロー)
    ECOFLOW RIVER PRO
    独自のX-Boost技術により定格600Wで最大1200Wの電化製品を稼働でき、X-Stream技術によりACから本体へ1.6hでフル充電という速さを実現。¥ 79800
    (問)エコフローテクノロジージャパン tel:03-6666-8341 
    https://jp.ecoflow.com/
     
    11. NEMO(ニーモ)
    QUASAR INSULATED DOUBLE
    快適性とサステナビリティを両立したオールシーズン対応のエアマット。横幅132cmで断熱性の高いプリマロフトが内包され、頭部は少し高めのバッフルを使用。¥ 33000
    (問)イワタニ・プリムス tel:03-3555-5605 
    https://www.iwatani-primus.co.jp/
  • 続きは次ページへ!
  • 【Room Accessory】移動中の快適性をアップする秀逸ギア。
    何かと小物が散乱しがちな車内。しかしオーガナイザーなどをうまく活用すればスマートかつ機能的に整理できるものなのです。安全のためにも必要なものにすぐ手が届くよう整理を心がけましょう。
    12. TASMANIAN TIGER(タスマニアンタイガー)
    MODULAR FRONT SEAT PANEL、
    SUN SHADE COVER、
    TACVEC CONTAINER、PILOT PAD
    男前なルックスが目を引くタスマニアンタイガー。右上から時計回りに、シート背面に付ける「モジュラーフロントシートパネル」はMOLLEシステムで自分で好きなようにポーチ類を付けてカスタマイズが可能。¥18700、サンバイザー用の「サンシェードカバー」もMOLLE付で 便利に使える。¥4180、空き空間の前席下部等を収納として活用でき、いざという時は持ち出しも簡単な「タックべックコンテナ」。¥15400、パイロットが大腿部に付けて地図を見たり書き物をする為のポーチだが車内でも応用できそうな「パイロットパッド」。¥5940
    (問)トランパーズ tel:03-5380-8306 
    http://www.trampers.jp/products/tasmaniantiger.html
     
    13. NITE IZE(ナイトアイズ)
    GEARLINE 4FT
    ギアを吊るすべルトラインに10個のカラビナがセットになった便利アイテム。狭い車内では通常の吊り橋的な使い方の他、縦に吊るしてスペースの有効活用も可能だ。¥4345
    (問)エイアンドエフ tel:03-3209-7575 
    https://aandf.co.jp/#/
     
    14. POST GENERAL(ポストジェネラル)
    HANGING ORGANAIZER
    ティッシュケースやペンホルダー、スマホ用など多彩なポケットが機能的に並んだオーガナイザー。車のシートバックに設置すれば、かなり便利に使えることだろう。¥3850
    (問)ポストジェネラル 
    https://postgeneral.jp
     
    15. SOL(ソル)
    SCOUT
    いざという時のために車に積んでおきたいサバイバルセット。2人用ブランケット、ホイッスル、着火剤、釣り針、シグナルミラー、裁縫キットなどをコンパクトに収納。¥5280
    (問)スター商事 tel:03-3805-2651 
    https://www.star-corp.co.jp/information/ecinfo
     
    【Driver’s Accessory】長距離のドライブもサポートする小物類。
    サングラスやグローブ、ブランケットなどの小物類は、特に長距離のドライブなどであると便利。予想不可能な天候や気候の変化にも備えておきましょう。クルマの旅はまさに備えあれば憂いなしなのです。
    16. BRID(ブリッド)
    MOLDING USB QUILT BLANKET
    パッセンジャーにも優しい電気毛布。ミリタリーライクな瓢箪キルトが特徴のこちらは、USB電源対応のヒーターが内蔵されたブランケット。男性でも腰に巻けるくらいのサイズ感で、裏側には肌触りが良く、保温性もあるフランネル起毛素材を採用。温度2段階調節や速熱、自動OFFタイマーなど機能性も高い。各¥4950
    (問)ブリッド 
  • www.brid.tokyo
  •  
    17. ショーワグローブ
    防寒テムレス
    裏起毛で保温性があり、防水透湿性も備えた冬場作業の定番グローブ。低温下でも硬くならず、薄く軽い使い心地でタイヤチェーン脱着の際などにも重宝する。オープン価格
    (問)ショーワグローブ 
  • www.showaglove.co.jp
  •  
    18. SWANS(スワンズ)
    ER1-0170
    レーシングドライバー山野哲也氏と共同開発した“安全運転のためのレンズ”を備え、路面状況や信号・標識などの視認性を向上し、長距離運転や普段使いにも最適なモデル。¥15400
    (問)山本光学 tel:06-6783-0232 
    https://netshop.swans.co.jp/
     
    Edit/Takatoshi Akutagawa(Thunderbird Design)
    Photo/Hiroyuki Yamada Styling/Takahiro Nakajima
     
    GO OUT vol.149には、アウトドアスタイルな愛車が満載!
    絶賛発売中ののGO OUT vol.149では、「アウトドアSTYLEなクルマ選び」と「趣味を楽しむ、インドアSTYLE。」を大特集!
    さらに、愛車でのお出かけをより快適にするクルマまわりのギア紹介、と今月も内容盛りだくさんでお届けしているので、気になった人は下記販売サイト、もしくはお近くのコンビニへ急げ!
    ■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.149 定価 ¥850
     
  • 販売サイトをチェック!
  • The post
  • 車旅をより快適にする、18のギアセレクト。 first appeared on
  • GO OUT.
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...