クルマもアウトドアスタイルな、達人たちの愛車拝見。#2

クルマそのもののステータスや性能だけでなく、見た目でもジブンに似合ってる1台を愛車にしているヒトって、カッコいいですよね。
そこで、カスタムを加えたオンリーワンな愛車から、こだわりのクラシックカーまで、アウトドア仕様なマイカースタイルを拝見!
足代わりのセカンドカーにBMXを積んで、シゴトとアソビを両立。(’09 VOLKSWAGEN NEW BEETLE)
OWNER:船生 光(フォトグラファー)
購入:2020年/中古車ショップ
米トヨタのマッスルカー、タンドラを所有する船生さんはセカンドカーとしてニュービートルを入手。「いまの駐車場にもう1台停められるので、普段の足として手に入れました。パワーもありスピードも出るクルマなので、都内だけでなく高速の運転もラクですね」。
愛車のBMXはアライブインダストリーのフレーム。
一見するとミスマッチ感のあるサイクルキャリアをセットして、趣味のBMXを積載。「ジブンも楽しみつつ、ライフワークでBMXライダーを撮影しています。小回りがきくからいろんなスポットに行けるけど、おかげでタンドラに乗る機会がどんどん減ってます(笑)」。
  • こちらのクルマのディテール・詳細はこちらから!
  • まるでラジコン感覚!? グリルからオールペンまでD.I.Y.カスタム。(’14 TOYOTA PROBOX)
    OWNER:柏木 勝(会社員)
    購入:2020年/中古車ディーラー
    世界のトヨタが手がけるライトバン型の商用車、プロボックスはカローラバンの後継として2002年に発売以降、ビジネス車然としたタフで使いやすいクルマとして知られている。なかでも柏木さんの愛車は、初代モデルの純正色には存在しない、レトロなモスグリーンのボディが印象的だ。
    キャンプなどアクティビティの道具も難なく積載できるラゲッジの広さも魅力。
    「オールペンは調色からジブンで、フロントグリルもD.I.Y.です。普段の足として乗っているクルマなので、ラジコンやプラモデル感覚で楽しんでますね。もちろんバン型なので、キャンプや外遊びの道具を余裕で積める荷室容量もポイントです」。
  • こちらのクルマのディテール・詳細はこちらから!
  • 再びのGクラスで、信頼性、操縦性、走破性の高さを再確認。(’00 MERCEDES-BENZ G320)
    初代W460から数えて、2代目となるW463型。なかでも軍用モデルとして生産されたGクラスのプロフェッショナル仕様であるW461型を彷彿とさせる、ボディカラーやパーツ類など、武骨なフォルムが印象的。
    OWNER:横井秀光(会社員)
    購入:2021年/専門店(シフトモータリング)
    いまやSUV車の金字塔として、世界的に人気を誇るメルセデス・べンツのGクラス。旧型から受け継がれる角ばった箱型のフォルムとタフな作りは、オトコ心をくすぐり、世の男性たちの憧れのクルマでもある。横井さんは、数年前にGクラスを愛車としていたが、1度、他の車種へ乗り換え、再びこのモデルへ戻ってきた。
    ウインカー、ヘッドライトを守るガードがクルマのタフさを物語る。
    「見た目の良さはもちろん、操縦性、走破性など、トータルでこのクルマの実力が理解できましたね。決め手はW463の型式への信頼性と、プロフェッショナルカラーであるデザートサンドのボディカラーです」。
  • こちらのクルマのディテール・詳細はこちらから!
  • Photo/Masahiko Watanabe、Fumihiko Ikemoto
    Report&Text/Tamaki Itakura、Masatsugu Kuwabara
    GO OUT vol.149には、アウトドアスタイルな愛車が満載!
    絶賛発売中ののGO OUT vol.149では、「アウトドアSTYLEなクルマ選び」と「趣味を楽しむ、インドアSTYLE。」を大特集!
    さらに、愛車でのお出かけをより快適にするクルマまわりのギア紹介、と今月も内容盛りだくさんでお届けしているので、気になった人は下記販売サイト、もしくはお近くのコンビニへ急げ!
    ■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.149 定価 ¥850
  • 販売サイトはコチラ!
  • The post
  • クルマもアウトドアスタイルな、達人たちの愛車拝見。#2 first appeared on
  • GO OUT.
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...