骨盤ストレッチは立ったまま大腰筋をほぐせる

腰筋は背骨と大腿骨を結ぶ太くて長いインナーマッスル。その間にある骨盤の角度と位置を、正しく保つ役割があります。逆にいうと、骨盤をストレッチすると大腰筋もストレッチできるということです。そこで、大腰筋をほぐす骨盤ストレッチを紹介しましょう。
大腰筋をほぐす骨盤ストレッチ
腰筋をほぐす骨盤ストレッチは、足を肩幅に開いて立って、手を腰にしてひざを軽く曲げたら準備完了。この体勢から上半身や肩は動かさずに、骨盤の下のほうを前に滑らせるようにして後ろに傾けるのです。
ちょうど、おへそにおわんを作るように腰を丸めます。このとき大腰筋は収縮。反対側のお尻の筋肉は伸びてストレッチされています。
この体勢から上半身の位置はキープしたまま、今度はお尻を絞り上げるようにゆっくり突き出すのです。腰だけ後ろに動かして骨盤を前に傾けるイメージ。ひざはまっすぐ伸ばしてください。
骨盤ストレッチのポイント
このとき、お尻の筋肉をギュッと締めて胸を張ると、骨盤が自然に動いて腹筋や大腰筋が伸ばされます。骨盤だけを後ろに傾けたり、前に傾けたりするストレッチです。
骨盤ストレッチのポイントは、収縮する筋肉と伸展する筋肉をしっかり意識すること。大腰筋を収縮させるときはお尻の筋肉を伸ばし、大腰筋を伸ばすときにはお尻の筋肉を縮めます。
こうして大腰筋の収縮と伸展を繰り返すことで、大腰筋をほぐすことが可能。運動前や筋トレ前に骨盤ストレッチを行えば、パフォーマンス向上に効果が期待できます。
■「骨盤ストレッチ」おすすめ記事
  • 腸腰筋ストレッチは骨盤が回転したら意味がない
  • ■「骨盤」おすすめ記事
  • 体幹を鍛えるなら骨盤を鍛えることも忘れずに
  • 骨盤の歪みは体幹の筋肉バランスの崩れが原因
  • 大腰筋と骨盤底筋を同時に鍛えるトレーニング
  • ■「ストレッチ」おすすめ記事
  • 腸腰筋ストレッチでぽっこりお腹を即効解消!
  • 梨状筋ストレッチは両足を「ハ」の字にして座る
  • 新事実!筋トレ前のストレッチで効果が半減
  • 【関連リンク】
  • ぽっこりお腹の原因「内臓下垂」を解消する筋トレ
  • 超回復が嘘なのは前提が間違っているから
  • 筋肉痛は超回復のチャンス!でも過労には注意
  • 吉川メソッドのV字腹筋でバキバキに割れた
  • 体脂肪を減らすには3つの栄養素が不可欠だった
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...