■正月飾りとは…

 

正月飾りとは、新年に新しい神様を迎え、祀るための飾り物の事をいい、一般的に「門松」「しめ飾り」「鏡餅」などのことを言います。用意し始める時期としては、暦の上で「正月事始め」とされる12月13日以降がよいとされています。

 

しかし、現代の日本では、12月25日まではクリスマスの飾りつけをする家庭が多く、街を見てもクリスマスムード一色。正月飾りはそれ以降に飾られることが多いですよね。では、クリスマス以降だと、何日に飾りつけを行い、何日に片づけるのが良いのでしょう?

 

 

■飾りつけと片付けのタイミング

 

末広がりの「8」を含み、縁起の良い12月28日に飾るのが好ましいと言われています。一方、29日と31日は避けた方が良いと言われています。29日は「九松」といわれ、「苦待つ」や「二重苦」の意味があり、31日は直前すぎて神様に失礼だとされています。

 

また、門松を飾る時期は暦上では「松の内」と呼ばれており、この期間が終わる1月15日に片づけるのが良いのだとか。ただ、近年では、七草がゆを食べる1月7日に片づけるという地域も多いようです。

 

気になる方は、お住まいの地域の風習を調べてみてはいかがでしょう?

 

 

▶ デート中、ヤンキーに注意し出した妻 心配になり「危険なのでやめて」と言うと…その後の展開に反響の声
▶ かくれんぼをしていたら、近所の男の子が参加。探しても一向に見つからないと思っていたら…その正体を知って絶句。
▶ 父の肩を揉む息子。年を追うごとに会話は悲痛なものになっていき…胸が熱くなる涙腺崩壊話3選

情報提供元:citrus
記事名:「正月飾りは何日に飾り付けるのがベスト?片づける時期は?