就職や転職関連のニュースをおもに配信するネットメディア『キャリコネニュース』が、『「年収800万円の彼氏と年収350万円の私が毎回割り勘」の投稿者に「結婚したら苦労しそう」という声』なるタイトルの記事を配信していた。かいつまんで説明すると、

 

今年の7月中旬。年収350万円の女性による『お悩み解決掲示板』が話題に。デート代を毎回割り勘にする年収800万円の彼氏に対して「彼の稼いだお金は彼のものですが、年収に明かな差があるため、なんかなーと思ってしまいます」と不満を綴ったところ、そのコメント欄にさまざまなリアクションが。ただし、彼氏側を擁護する声はほぼ見られなかった。


 ……という内容である。ちなみに、「彼氏側を擁護しない声」のおおよそは、
 

「稼ぎがあるのに、女にお金出さす男の意味が分からん! 本当に付き合ってんの?」

 

「ケチな男はまた別な事に不満が出てきますよ。年収800って事実ですか? 怪しいですね」

 

「その手の男とは付き合わない方がいいよ。結婚した後も割り勘になる可能性が高いし、子供のことになると自分は関係ないからで一切払わない男多いから」


……みたいな論調で、「年収800万円」ってとこに多少のジェラシーも混じっているのか、まあケチョンケチョンな状態であった。が、いっぽうでは “多勢” に対する “少数派” によるこんな反論も。

 

「もし年収が逆ならば、女性は男性に奢るのか?」


たしかに、この質問に「YES」と即答できないなら、そのヒトは男尊女卑を肯定していると指摘されてもしょうがない?

 

さて。以上を踏まえながら、ここからは私の話をしよう。原則として、私は女性と食事をする場合は「奢る」ことを覚悟して行く。なぜなら、私自身が明確な年収額を把握しづらいフリーランスの身であって、しかも、よほどの深い仲でもないかぎり、相手の年収額も明確に把握できないから……ってのが、まずある。「奢りを覚悟する」という面だけからジャッジすれば、私も “軽度の男尊女卑主義者” なのかもしれないが、それはおそらく「男性or女性」より「年上or年下」の関係性に寄るものが大きい……ような気がしなくもない。だって、還暦間際の初老男子がデートするときって、相手はたいがいが “年下の女性” ……でしょ?

 

そして、中途半端に仕事ガラミな女性との食事──でも経費は落ちませんよってときは、たとえば会計が1万3千円だと、私が1万円払って残り3千円は相手に払ってもらったり、メインディナーの一軒目は私が奢って、二軒目の二次会的な軽飲みは相手に奢ってもらったり……と、そんな風にして、お互いの出費額を調整している。

 

だがしかし! 仮に、私が、私の年収を数倍も上回っていて、さらには深い仲へと発展しているがゆえ年収額も明確に把握できている女性と付き合えたならば、その彼女がいくら年下であろうと、きっちり「奢ってもらうときは、ガッチリ奢ってもらいまっせ!」といった姿勢を、毅然と提示できる自信はある。もちろんのことそういう女性って、私はいつでもウェルカムなんだけど、現時点でウェルカムしてくださる相手は……なかなか見つかりませんなw。

情報提供元:citrus
記事名:「男女の「奢り・奢られ・割り勘」問題は結局のところ、どこに着地するのが正解なのか?