天然原料のみで作った泡ソープ「ヒノキチ ザ・ソープ」
2020年11月17日(火)、株式会社イコアは、クレンジングができる泡ソープ「Hinokichi The Sorp(ヒノキチ ザ・ソープ)」を発売した。

同社は、「植物の恵みで、優しい気持ちに」をコンセプトに、国産原料を使用し、ハーブやアロマの製品を開発している。

このたび発売となる製品も国産の米ぬか油と青森ヒバ由来のヒノキチオールを配合した泡クレンジングだ。石油由来の合成発泡剤などは一切使用していないため、肌に負担のかからない処方になっている。

肌によいオレイン酸やリノール酸を高濃度で配合
同製品に使用しているのは、国産の玄米の米ぬかから抽出した米ぬか油だ。低温圧搾で作られているため、高濃度のオレイン酸やリノール酸、抗酸化力のあるトコトリエノールが含有されている。

もこもこの泡が肌の皮脂汚れをすっきり取り除いてくれる。皮脂の気になる鼻周りもなでるようにコットンに泡をとって肌をなでるとメイクも簡単にオフすることができる。

洗い上がりの肌は、しっとりと潤いのある肌に導いてくれる。青森ヒバ由来のヒノキチオールも配合されているため、まるで森林浴をしているような気分にしてくれそうだ。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社イコアのニュースリリース
https://ikoa-f.com/archives/3038

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「米ぬか油と青森ヒバを配合した泡クレンジング