Bc136def12a4eb9a

暑い夏はスパイシーな料理が食べたくなりますよね。今回はスパイスの刺激が夏にぴったりの、カレー風味レシピをご紹介!夏バテ気味な大人も、疲れるまで元気に遊んだ子どもも、カレーの香りに食欲をそそられること間違いなしです。主菜になるガッツリ系レシピから、副菜として食卓を彩るメニューまで、おすすめレシピを3品厳選しました。どれも15分以内で完成する時短レシピです!

れんこんとひき肉のカレーきんぴら(調理時間15分)

49e81505d21c9b83

シャキシャキとした食感がクセになるれんこんと、ふっくらとした鶏ひき肉がおいしい副菜メニュー。めんつゆとみりんという和風の味付けをベースにしている優しいカレー風味なので、年配の方や小さな子どもでも食べやすいですよ。箸休めにちょうどいい一皿です。

材料(2人分)

れんこん…小1節(150g)
鶏ひき肉…50g
○めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2/3
○みりん…大さじ1
○カレー粉…小さじ1
サラダ油…大さじ1/2

作り方

1. れんこんは薄い半月切りにし、水に5分さらす。

2. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、ひき肉を色が変わるまで炒める。れんこんを入れて半透明になるまで炒めたら、水100ml(分量外)と○を入れて汁気がなくなるまで煮詰める。

カリフラワーとソーセージのカレーマヨネーズ焼き(調理時間15分)

67ad8460780909ff

「暑くてキッチンで火を使いたくない」という日におすすめのレシピ。電子レンジとオーブントースターを使って簡単に調理ができます。カリフラワーにカレーマヨネーズソースとチーズが絡んで濃厚な味に!おつまみメニューとしてもぴったりです。

材料(2人分)

カリフラワー…1/2株(150g)
ソーセージ…4本
○カレー粉…小さじ1/2
○マヨネーズ…大さじ3
○塩・こしょう…少々
ピザ用チーズ…適量
ドライパセリ…少々

作り方

1. カリフラワーは小房に切り分ける。耐熱ボウルに入れてラップをかぶせ、600Wの電子レンジで3分加熱する。ソーセージは斜めに4つに切る。

2. ○をボウルに混ぜ合わせ、カリフラワーとソーセージを加えて和える。耐熱容器に入れ、ピザ用チーズをかけて750Wのオーブントースターで6分焼く。焼き上がったらドライパセリをふる。

鶏肉とズッキーニのカレーマヨ炒め(調理時間15分)

1e1fd86e4c609762

夏に旬をむかえるズッキーニを使った主菜メニューです。さっぱりとした味わいのズッキーニと鶏むね肉を使っているので、カレーマヨソースの風味が引き立ちます。鶏むね肉に下味をつける一手間で、味がグッと本格的に!

材料(2人分)

鶏むね肉…1枚
ズッキーニ…小1本
○酒…小さじ2
○しょうゆ…小さじ2
○片栗粉…小さじ2
●カレー粉…小さじ1と1/2
●マヨネーズ…大さじ1と1/2
サラダ油…大さじ1

作り方

1. ズッキーニは1cmの輪切りにする。鶏肉は食べやすい大きさのそぎ切りにする。鶏肉と○をポリ袋に入れ、袋の上から手で揉む。

2. フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、ズッキーニを両面に焼き色がつくまで焼いて取り出す。同じフライパンで鶏肉を両面に焼き色がつくまで焼き、ズッキーニを戻し入れる。火を弱め、●を入れて全体に絡めるように炒め合わせる。

スパイスの刺激がクセになるカレー風味メニューを食べれば、夏の暑さやエアコンでのだるさも吹き飛ぶかも!?めんつゆで和風にしたり、マヨネーズを組み合わせて濃厚にしたり、アレンジの幅が広いのもカレー味の強み。今回紹介したレシピを参考に、お気に入りのメニューを見つけてくださいね。

レシピ制作:管理栄養士 尾花友理

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「暑い日も箸がススム!【15分以内で完成】カレー風味のスパイシーメニューレシピ