「凪のお暇」などで知られるコナリミサト先生のコミック「珈琲いかがでしょう」が、中村倫也さん主演で実写ドラマ化。「あの珈琲屋さんが中村倫也にしか見えない……」とささやかれてきた、原作ファン待望論が現実となりました!

いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは、素敵な移動珈琲屋さん。店主は街から街へ、行く先々で、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて珈琲を淹れながら、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく――。そんな“幸せを運ぶ珈琲物語”を描いたもの。

店主・青山一(あおやま・はじめ)がさりげない言葉で人々を癒し、優しくもほろ苦い人情珈琲群像劇を描いた本作品は、2014年~2015年にかけて『WEBコミック EDEN』で連載され、2018年にはアニメ化されました。まるで癒しとほろ苦さが共存する至高の珈琲のようなストーリー…かと思えば想像もつかない急展開を見せる、今なお高い支持を誇る人気漫画です。

以前から原作ファンの間で、主人公・青山のビジュアル、仕草、佇まいが、「中村倫也にしか見えない」との声が殺到!「ぜひ中村倫也で実写化を」という待望論が巻き起こっていました。今回そんな思いに応えた奇跡のキャスティングが実現。青山一を中村倫也さんが演じます。「凪のお暇」ではゆるふわキャラで注目を集めた“メンヘラ製造機”ゴンさんを見事演じきった中村が、再びコナリ作品のキャラクターを体現!

本作で監督・脚本を務めるのは、映画『かもめ食堂』『めがね』『彼らが本気で編むときは、』などで知られ、今年は『川っぺりムコリッタ』の公開を控えている荻上直子さん。食と共にある数々の温かな物語を生んだあの“荻上ワールド”が、珈琲と共に展開するほろ苦くもやさしさに包まれた世界にどんな息を吹き込むのか?ぜひご注目を。監督には、映画『聖の青春』『パラレルワールド・ラブストーリー』の森義隆さん、映画『ケンとカズ』の小路紘史さんという豪華な面々が名を連ねます。

「珈琲いかがでしょう」は2021年放送。詳細をお楽しみに!

■中村倫也(青山一(はじめ) 役)
[役紹介]
移動珈琲店「たこ珈琲」店主。移動珈琲車に乗り、街から街へ、行く先々で、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく。爽やかで飄々とした王子様に見えるが、その裏には想像を絶する秘密が…!?

[コメント]
Q)テレビ東京の連続ドラマでのレギュラー出演は4回目となり、主演は今回が初となりますが、感想などお聞かせください。
オファーをいただくずっと前、一昨年に原作者のコナリさんとお仕事させていただきまして、その頃にこの漫画も読んでいたんです。たいへん楽しく拝読させていただきました。なので世界観の共有はバッチリかなと。
あとはテレ東のナナナ推しが楽しみです。笑

Q)「主人公の見た目や仕草、佇まいが中村倫也にしか見えない…」と原作ファンの待望論が現実になりましたが、「珈琲いかがでしょう」テレビドラマ化のオファーを受けた時の感想をお聞かせください。
そうですね、そういった声も僕のもとにも届いていて、「お待たせしました」といったところでしょうか。
これで僕以外の役者が演じていたら何よりもまず僕が文句を言っていたと思うので、良かったなと思います。笑
そしてドラマ化に際しまして、魅力的な監督陣、キャスト陣が集結しました。
青山という役を通じてホスト的な立ち位置もうまく演じられればと思います。

Q)原作もしくは台本を読んだ感想をお聞かせください。
原作からとても面白く、連ドラで見たいなと思っていました。
脚本を読み、青山とさまざまな人との関わり合いの中で機微が動いていく様を、丁寧に紡いでいければと感じています。

Q)青山一という役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。
影と包容力のある、珈琲屋のぽわぽわした兄ちゃんとしてまずは存在できればと思います。

Q)視聴者のみなさんへメッセージをお願いいたします。
知らぬ間にコーヒーカップについてしまった汚れを綺麗に落としていくような、そんな作品になると思います。
癒しとハラハラを内包するこのドラマをぜひ楽しんでいただければと思います。

■原作 コナリミサト
珈琲いかがでしょうの実写ドラマ化すっごくすっごく嬉しいです……!!
最終回までの脚本をすでに読ませていただいているのですが、
原作エピソードはもちろんのこと、ドラマオリジナル回もあって楽しみです。
中村さんの演じてくださったゴンが素晴らしすぎたので
青山も素晴らしすぎる未来しか見えません。
珈琲片手に毎週視聴します!!

(C)「珈琲いかがでしょう」製作委員会
(C)コナリミサト/マッグガーデン 

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「主人公が中村倫也にしか見えない……」と話題! コナリミサトの人気コミック『珈琲いかがでしょう』が中村倫也で実写化