2020年12月31日をもってアドビはFlash Playerのサポートを終了し、プラグインの配布と更新が停止されました。とはいえFlashコンテンツが一斉に世の中から消滅したわけではなく、記事執筆時点でもブラウザで実行を許可すれば、Flashコンテンツを再生することができます。アドビは2021年1月12日以降、Flash PlayerでのFlashコンテンツの実行をブロックするとアナウンスしていて、システムのセキュリティ保護のためにFlash Playerのアンインストールを推奨しています。

Adobe Flash Playerサポート終了
https://www.adobe.com/jp/products/flashplayer/end-of-life.html[リンク]

あまり積極的にオススメできませんが、1月12日まではFlashコンテンツを再生しようと思えばできるわけです。この猶予期間を利用して、今まで遊べたFlashゲームがFlash Playerのサポート終了後にも遊べるのかどうか、名作Flashゲームを提供してきたFlashゲームクリエーターのサイトで対応状況を調べてみました。スマートフォンでも遊べる場合は「スマホ対応」と明記しておきます。

BABARAGEO(スマホ対応)

https://babarageo.com/[リンク]

ババラ氏のウェブサイトは完全スマホ対応サイトにリニューアル。PCでもプレイできます。縦シューティング「ウチューフォース」やアクションパズルの「けすくん」といった作品が移植されている他、ダンジョン探索RPG「ゼノレイダー」は「ゼノレイダー:エピソード1」としてリニューアル公開されています。

EYEZMAZE(スマホ対応)

http://www.eyezmaze.com/jp/sp/[リンク]

名作「GROW」シリーズはHTML 5化した「GROWキューブ」「GROWプラネット」などがスマホとPCのブラウザから遊べる他、スマホアプリに移植された作品へのリンクも設置されています。過去のFlashゲームは「Flash GAME」のアイコンから一覧にリンクしています。

Nekogames(スマホ対応)

http://nekogames.jp/[リンク]

名作アクションパズル「Cursor*10」を移植した「Finger*10」や、版画絵が動くアクションシューティング「しっぽねこの冒険」などがスマホとPCでプレイ可能。人気シリーズ「星探」からは「あたらしい星探」「HoshisagaMonochromatic」といった作品がスマホでもプレイ可能なバージョンで公開されています。過去のFlashゲームは「PC版ネコゲームスへ行く」「星探へ行く」のリンクから。

SKT(スマホ対応)

https://skt-products.com/[リンク]

「モアイまわし」「引越し奉行」といったタカヒロウ氏の人気作品が、スマホとPCで遊べるブラウザゲームとして公開されています。「旧SKT」のリンクから、過去のFlashゲームのインデックスを表示可能。

NIGORO

http://nigoro.jp/[リンク]

実はFlashゲームでも人気を博していた国産インディーゲーム界の雄、NIGOROのFlashゲームは、「薔薇と椿」「薔薇と椿~LA-MULANA編~」がスマホアプリとして公開中。「Death Village」「めくり番長」といったFlashゲームは、まもなく遊べなくなりそうです。

nextFrame(!)

http://nextframe.jp/[リンク]

「艦砲射撃!」「マテリアルスナイパー」といった名作ゲームを送り出してきたTANAKA U氏のウェブサイト。全ゲームがFlash版のみ公開中です。

王の巣窟

http://king-soukutu.com/[リンク]

2020年夏に「人生オワタの大冒険2」を「令和最初で最後のFlashゲーム」として公開して話題になったキング氏の「王の巣窟」。ウェブゲームはすべてFlash版でのみ公開中ですが、「ロッコちゃん」の3D版「RokkoChan3D」がWindows/Mac用のダウンロード版でプレイ可能。

すずぬーと(スマホ対応)

http://suznooto.com/[リンク]

ウェブサイト上で、人気ゲーム「激突要塞!+」「都道府県大戦」「宇宙海賊王」のWebGL版の制作をアナウンスしています。現在、スマホとPCのブラウザで遊べる「地面防衛軍!」が公開中。新作ゲームの開発も進行中です。過去のFlashゲームは「旧FLASH倉庫」で公開されています。

ワラテルサイト(スマホ対応)

http://www.warateru.com/[リンク]

24時間であほなゲームを作るイベント「あほげー」から生まれたFlashゲームをアプリ化した「重機vs焼売」「月突道」などのスマホアプリが公開中。365日遊べる日めくりパズル「きょうのしかく」は現在Flash版のみ公開されており、Twitterアカウントは引き続き淡々と著名人の誕生日をツイートしています。

既にスマホでも遊べるブラウザ版やアプリ版に移行しているタイトルもありますが、数多くのタイトルがFlash Playerでの再生がブロックされて遊べなくなってしまう見通しです。オープンソースで開発が進められている「ruffle」のような代替プレーヤーが今後登場する可能性もありますが、Flashゲームクリエーターの新しいプラットフォームでの活動に引き続き注目、期待していきましょう。

あなたはいくつ覚えてる? 2020年末にFlash黄金期のコンテンツの数々を振り返るクラフトボスのウェブ動画「Flash Back Memories」が公開
https://getnews.jp/archives/2849547

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「あのFlashゲームは今後どうなる? FlashゲームクリエーターのサイトでFlash Playerサポート終了後の対応状況を調べてみた