9月8日、Microsoftは「Xbox Series S」を11月10日に発売すると発表しました。価格は299ドル(約3万1600円)で、日本での発売日や価格などは不明です。


https://twitter.com/Xbox/status/1303230071033880576


https://twitter.com/Xbox/status/1303371127482232834


https://twitter.com/Xbox/status/1303424648453918721

完全デジタルの「Xbox Series S」について特筆すべきはそのサイズ。「Xbox Series X」との比較では60%もサイズが小さくなっています。

スペック的には、ハイローディングスピード、512GBストレージ内蔵、解像度1440p、最大フレームレート120fps、4Kストリーミング対応、4Kアップスケーリング、可変レートシェーディング対応、可変リフレッシュレート対応、レイトレーシングといった点が強調されています。

今回の発表に対するSNS上の反応は以下のようなものとなっています。

・クリスマスを前にこの価格はうれしい限り
・いい感じだ
・今日はいい日になった
・解像度の違いって大きいのかな
・財布にやさしいお値段
・いい買い物になりそうだ
・イケてるね
・PS5の「Digital Edition」は299ドル以上になりそうだけど
・PSファンは性能と価格どっちを取るかな
・Microsoftのほうがソニーより消費者寄りってことだね

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/Xbox/status/1303230071033880576

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「Microsoftが「Xbox Series S」を発表 「クリスマスを前にこの価格はうれしい限り」