フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは現地時間5月27日、COVID-19の影響で臨時休園中となっている同リゾートのテーマパークの、段階的な再オープン計画を発表しました。フロリダの州知事による承認が下れば、7月11日に営業が始まります。

■関連記事:【海外ディズニー通信】まとめ

公式発表によると、フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにあるテーマパークのうち、まずはマジックキングダム・パークとディズニー・アニマルキングダムが7月11日に一般公開。その後、エプコットとディズニー・ハリウッド・スタジオが7月15日に段階的に再開となるようです。通常であればめちゃくちゃパーク内が混雑するアメリカ独立記念日の7月4日を避けているあたり、慎重な同社の姿勢がうかがえます。

実際、新しくCEOに就任したボブ・チャペックは、CNBCのインタビューに丁寧に答えています。観光の都市フロリダでは、同業他社は続々と再開に向けて歩みを早めているところ、ディズニー社は独自の厳格なガイドラインを設けており、7月11日以降となっている模様です。

今回の段階的なリニューアルオープンでは、当然ですが、ゲストやキャストは物理的な距離を取らねばならず、入場者数を制限して人同士の密度をコントロールする必要があります。具体的には、パレードや夜のショーなど、大人数が集まることがわかっている特定のエンタメ体験は、後日。

ちなみに上記写真は、今年1月の「ディズニー・ハリウッド・スタジオ」のエントランスの様子です。ちょうど新アトラクションが稼働した直後ということもあり、何も対策をしないと、このようになることもあり得るからでしょう。ちなみに吉祥寺の商店街や品川駅のアレではなく、普通に撮影しました。「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」のオープン待ちの行列です。本当に押し合いへし合いでした。

また、テーマパークやリゾートホテルの共用エリアでは、キャストや3歳以上のゲストは、顔を覆うマスクのような適切なフェイスカバーの着用が必要で、テーマパークへの入場前には全員、検温がマスト。キャストも検温を行います。フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートはキャッシュレス決済が前提となっていますが、人通りの多い場所では清掃・消毒も強化します。

そしてソーシャル・ディスタンスの関係で、キャラクターとのミート&グリートに制限が発生します。ハグやハイタッチが一時的に不可となりますが、キャラクターはパーク内にはいるそうです。この点、今年2月の時点で東京ディズニーリゾートでも対策をしました。

なお、気になる東京ディズニーリゾートですが、先日の報道のように商業施設群の再開は決定したものの、パーク本体はどうなのでしょうか。この点、運営会社の株式会社オリエンタルランドの広報部に問い合わせしたところ、

「パーク再開時期については未定です。決定し次第改めてお知らせします」

との回答でした。東京都は週明けにも「ステップ2」に移行するとしていますが、千葉県には千葉県の事情もあるかもしれません。

それにしても夏場のマスクは暑そうです。

■Disney Parks Blog:
https://disneyparks.disney.go.com/blog/

As to Disney photos,logos,properties:(C) Disney

※画像はあくまでもイメージです。紹介したエンターテインメントや現地イベントの内容などすべての情報は予告なく変更になる場合があります。

(執筆者: ときたたかし)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「フロリダのウォルト・ディズニー・ワールドが<厳格な対策のもと>7月11日に再始動! 東京の「パーク再開時期については未定」