多くの作品が映画化されている作家のスティーヴン・キング。ホラー系の作品が多い作家さんですが、ギャング映画に関する質問をTwitterに投稿したところ、多くの反応を集めています。

https://twitter.com/StephenKing/status/1265620099114958849
スティーヴン・キングのツイートは、「質問:仮に『ゴッドファーザー』と『ゴッドファーザー PART II』がギャング映画の最高峰だとすると、(トップ10の内)残りの8作品は何になりますか?」というもの。多くの人が”マイベスト”を投稿しています。

https://twitter.com/kirkacevedo/status/1265636120215252993
「『ゴッドファーザー』
『ゴッドファーザー PART II』
『スカーフェイス』
『グッドフェローズ』
『ディパーテッド』
『汚れた顔の天使』
『フレンチ・コネクション』
『フェイク』
『キング・オブ・ニューヨーク』
『ミラーズ・クロッシング』」

https://twitter.com/cheo_coker/status/1265667025969401856
「『グッドフェローズ』
『カジノ』
『スカーフェイス』
『シティ・オブ・ゴッド』
『カリートの道』
『コットンクラブ』
『ニュー・ジャック・シティ』
『ポケットいっぱいの涙』」

その他にも、『ボーイズ’ン・ザ・フッド』『パルプ・フィクション』『アンタッチャブル』『ブロンクス物語/愛につつまれた街』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』『アメリカン・ギャングスター』『フューネラル』『L.A.コンフィデンシャル』『白熱』『ハーレム・ナイト』『バグジー』『ギャング・オブ・ニューヨーク』『ジャッキー・ブラウン』『アイリッシュマン』といった作品名が上がっています。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/fdbedout/status/1265621445859782658

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「スティーヴン・キングが「最高のギャング映画を教えて」とTwitterで問う