工藤静香(51)が17日、自身のインスタグラムを更新。投稿写真が話題となっている。

 工藤といえば先日、「色自体とても好きですが、やはり紫色は好きです。冷静でクールなブルー。情熱的でホットなレッド。その2つが混ざり合ってできる色ですから、惹かれないわけがないのです」などとつづり、自宅で撮影した2枚の写真を公開したところ、一部ネット上では「色自体とても好きですが、やはり紫色は好きですってどういうこと?」「不思議な文章だね…語彙力がないのかな?」などの冷ややかなツッコミの声が集まっていたばかり。

 そんな工藤、今回の投稿には花の写真と一緒に「今日は私の愛する父のお誕生日でもあります。とても仲良しな父でしたが、生前は素直に「大好きとか、愛してるとか、大切な父」なんて、本人に伝える事はまるでできませんでした。」などと、今は亡き父への思いをつづった。

 しかしこの投稿に対しネット上からは「父親への思いはわかるけど、インスタグラムに書くことなの?」「これをファンに見てもらってどう言ってもらいたいの?」「こんなところに書かないでお墓参りに行けばいいのに」「すごくプライベートな話だと思うけどここに書く理由は?」などの冷ややかな声が上がっている。

 父親との貴重なエピソードも語っているのだが、わざわざSNSで投稿する内容なのか?と疑問の声が上がっていたようだ。

情報提供元 : Daily News Online
記事名:「 工藤静香、長文で亡き父への思いに賛否の声「インスタに書くこと?」