長谷川京子(42)が17日、自身のインスタグラムを更新し話題となっている。

 長谷川といえば先日、「週末の娘との定例ランチ。ランチ後はそのまま...漢字のテスト勉強へ」とつづり、娘と外でランチをし、その後、娘の勉強を一緒にしたことを写真とともに明かしたところ、インスタグラム上では「娘さんと大切な時間ですね」といった声が寄せられていたのだが、一方で一部のネット上からは「お店で勉強しているの?帰ってゆっくり落ち着いてやったほうがいいと思う」「お店で漢字の勉強とか…非常識だし迷惑だよね」といった声が集まっていたばかり。

 そんな長谷川、今回の投稿には「今回、女性が自由に、解放的に。をコンセプトに下着をつくらせていただきました。」などとつづり、自身がプロデュースするランジェリーブランド『ESS by』(エスバイ)と共に、ランジェリー姿の写真を公開した。

 窓に手を付いている斜め後ろアングルから撮影されたとてもセクシーな写真なのだが、ネット上からは「これ家族は何も言わないのかな?」「なんで肌を見せたがるんだろうか…」「自分がわざわざ脱がなくても良くないですか?」「お金のためかな…」などの冷ややかな声が上がっている。

 自身がプロデュースしているということもあり自ら着用した姿を見せて宣伝しているのだとは思うが、一部からは不評のようだ。

情報提供元 : Daily News Online
記事名:「 長谷川京子、下着姿のセクシーショットに賛否の声「お金のためかな」