工藤静香(50)が6日、自身のインスタグラムを更新。投稿した写真が再び話題となっている。

 年明け初めてのフィード投稿に「皆さま 今年もよろしくお願い申し上げます。年は明けましたが、まだまだコロナが猛威を奮っていて、いつ誰が感染してもおかしくないような状況が続き毎日がとても不安ですね」などとつづり、モデルのようにポージングをしている自身の写真を公開した。

 この日の私服コーデはとてもカジュアルで、ニットトップスにダメージデニム、足元は編み上げのブーツを履きベージュのコートを羽織っている。

 この投稿に対しインスタグラム上には「お顔が見れて幸せです、ありがとうございます」「今年初めての投稿、しーちゃん可愛いです」などの絶賛コメントが寄せられていたのだが、その一方でネット上からは「二度見するほどのダサさ」「ヤンキー感が抜けないファッションだね」「二十数年前で時が止まってるの?」などの厳しい意見が上がっている。

 ファンからは大絶賛の私服コーデも、世間からは「ダサい」と真逆の感想をもたれているようだった。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「工藤静香、ダメージデニム&編み上げブーツ姿で大炎上「時が止まってる?」