加護亜依(32)が6日、自身のユーチューブ公式チャンネルを更新。投稿動画が話題となっている。

 加護といえば先日自身のユーチューブチャンネルに、「加護が歌います(5)【LiSA / 紅蓮華】」と題した動画で大人気アニメ『鬼滅の刃』の主題歌となっているLiSA(33)の「紅蓮華」を熱唱する動画を公開した。動画のコメント欄には「さすがプロと思いながら聞き惚れました」などの絶賛の声が殺到しているのだが、その一方で一部ネット上では「可愛いけど歌声が酷過ぎて放送事故レベル」というような厳しい声が上がっていたばかり。

 そんな加護、今回の投稿には「着込みすぎたかなぁ...メンズライク感、好き #顔に似合わず私服が派手」などとつづり、全身私服コーデの写真を公開した。今回の私服コーデは、赤ニットに大きめサイズの黒のダウンジャケット、黒のパンツにsupremeのログ入りのニットキャップを被り、足元はNIKEのスニーカーを合わせたカジュアルコーデを披露した。

 この投稿に対しインスタグラム上には「似合う可愛い過ぎるぅ~」「どんなジャンルでも似合いますね センス良すぎ」などの絶賛コメントが寄せられているのだが、その一方でネット上からは「正直センス良くないよね」「スーパーダサい」「体型に全くあってないファッション」というような冷ややかな声が上がっている。

 加護の私服センスには様々な反応が寄せられているようだが、注目を集めていることも確かである。次回アップされるコーディネートを楽しみに待ちたい。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「加護亜依、メンズの私服コーデに賛否の声「体型に全くあってない」「スーパーダサい」