工藤静香(50)が22日、自身のインスタグラムで愛犬についての投稿が話題となっている。

 工藤といえば先日、「このスカートは15年くらい前にリメイクを購入した物です。デニムシャツもかなり前からあります」などとつづり、15年もののスカートをリメイクしたコーディネートを披露。この投稿にネット上からは「昔の物とは思えない!」「清潔感がない」など賛否の声が寄せられていた。

 そんな工藤はこの日、「2枚目は天国に居る愛しのべべくんです。(中略)こうして写真を見るとやはり何年経ってもウルウルしてしまいますね。画面が霞みます。。。愛犬、愛猫、動物好きの皆さまも同じような思いをしているのでしょう。この気持ちはきっと、愛して愛された証なのだと思います。」とつづり、昔飼っていた愛犬への思いを語った。

 写真には、愛犬と見つめ合う姿が写っている。この投稿にネット上からは「愛犬家のし~ちゃん、心優しいですね」「素敵な投稿ありがとうございます。心が温まりました」「愛し愛された証と言う静香さんの言葉がとっても胸に染みました」「お彼岸だからしみじみします」などのコメントが寄せられていた。

 愛犬を失った悲しみは決して癒えることなく心に残り続けるが、そういった気持ちを愛犬たちで共有することも大切な営みなのかもしれない。工藤の心の中では今もきっと生き続けているということだろう。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「工藤静香、天国の愛犬への思いに共感の声「心が温まりました」「胸に染みた」