工藤静香(50)が3日、自身のインスタグラムを更新した。

 工藤といえば先日、「皆さまの質問に多かったこのメッシュマスク!やっと発売になったようです!」とつづり、メッシュマスクを着けた自撮り写真とともに紹介。インスタグラム上には「マスクしてもオーラが凄い!」などのコメントが寄せられた一方で、ネット上では「ヤンキーぽいのは何故だろ」という声も上がり、話題となったばかり。

 そんな工藤はこの日、「朝のスムージーにビーツを入れると、かなり女子カラーになります 最近は早起きの次女が作ってくれます」とコメントを添え、次女でモデルのKoki,(17)が作ったというビーツ入りのスムージーを公開した。

 ロシア料理のボルシチなどにも入れられる野菜「ビーツ」を使った鮮やかな赤紫色のスムージーが、ブルーの模様が入った透明なグラスに注がれている。

 見た目にもこだわったスムージーのようだが、ネット上からは「この色のスムージーをこのコップに注ぐセンス」「いつも工藤さん家は食器のセンスがないよね」「スムージーに女子カラーを求めるんだ…」「女子カラーって何?」という厳しい批判コメントが寄せられている。

 女子カラーというよりは少し毒々しさが感じられる色のスムージーに、さまざまな反応が集まってしまった。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「工藤静香、Koki,が作ったスムージーを披露も批判殺到「食器のセンスがない」