ブルゾンちえみ改め藤原史織(29)が26日に自身のインスタグラムを更新して話題になっている。

 お笑い芸人「ブルゾンちえみ」として活躍してきた藤原といえば、今年3月末で所属事務所を円満退社。3月末に突如として「ブルゾンちえみ」を卒業し、「藤原史織」の本名を明かし、イタリアへ語学留学を計画していることを発表した。

 そんな藤原、今回の投稿には、「素敵な服に胸が高鳴り、ケイタさんのお人柄に心安らぐ。雨は降ったり止んだりで変な天気だったけどなぜかスガスガしく、スッキリとしたハート 時間と私の歩調が合う日だった。二人三脚のような。時間が丁寧に流れる、いい、日だった」などとポエム調の投稿文を添え、人気ブランド・KEITA MARUYAMAのドレスをまとったショットを公開した。

 この投稿に対しインスタグラム上には「しおりチャンしか醸し出せないモノが、漂います」「可愛い!全体的に似合ってるなぁ」などのコメントが寄せられているのだが、その一方でネット上からはポエム調の投稿文に対し「このポエムは寒すぎる」「意識高い風なポエムはキツイ…」「何が言いたいのか分からないポエム」というような冷ややかな声が上がっている。

 何が言いたいのか分からない投稿文のためか、理解できない人もいたようだ。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「ブルゾンちえみ、ポエム調のインスタに賛否の声「何が言いたいのか分からない」