さっぱりタイプの化粧水を選ぶポイントは?

さっぱりタイプの化粧水
出典:byBirth

季節によって肌の状態は変わっていくもの。いつでも健やかな肌を保つためには、スキンケアの使い分けが必要になるんです。

ここでは「さっぱりタイプの化粧水を使いたいけど、何を基準に選べば良いのか分からない…」という方に向けて、チェックしておきたいポイントを3つご紹介します。

「オイルフリー」の化粧水を選ぶ

オイルフリー化粧水とは、その名の通りオイルを配合していない化粧水のことを言います。

もともと肌の表面には皮脂膜が張られており、水分の蒸発を防いで潤いをキープする役割をこなしています。しかし、オイリー肌の方は通常よりも皮脂の分泌量が多いため、ベタつきを感じやすくなってしまうのです。そんなときに使えるのが、オイルフリーの化粧水。

オイルフリーの化粧水はサラッと使えるテクスチャーのものが多く、仕上がりにベタつきが残りにくいのが特徴です。肌の水分・油分バランスを整えたい方や、オイリー肌、ニキビ肌の方はチェックしておくと良いでしょう。

肌馴染みのよい「みずみずしいテクスチャー」

化粧水には様々なテクスチャーのものが売られており、種類によって使用感に違いが生まれます。

夏のスキンケアにおすすめなのは、サラッとしたみずみずしいテクスチャーの化粧水。とろみがついていると肌に馴染ませるのに時間がかかり、ベタつきが残りやすくなるので気をつけましょう。

「収れん効果」がある化粧水を選ぶ

さっぱりとした清涼感のある使い心地が特徴の収れん化粧水。トーニングローションとも呼ばれており、皮脂の過剰な分泌を抑えたり、肌を引き締まったように見せる効果があります。

一般的な化粧水に比べて保湿力はやや下がりますが、皮脂によるメイク崩れの防止にも効果的なアイテムです。

夏のスキンケアに合った成分をチェックしよう!

夏のスキンケア
出典:byBirth

使用感に続いて重要なポイントといえば、配合成分ですよね。夏は紫外線やエアコンによるダメージも受けやすいため、しっかりとケアができる化粧水を選びましょう。

特におすすめなのが、美白有効成分が配合されている化粧水です。代表的な成分としては以下のものがあります。

(1)ビタミンC誘導体

熱や酸化で壊れやすいビタミンCを、安定して肌に届けられるように作られた成分です。シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制し、色素沈着のしにくい肌へと導いてくれる効果があります。

また、美白以外にも抗酸化作用やコラーゲンの生成を促す効果もあるため、積極的に取り入れていきたい成分の1つです。

(2)トラネキサム酸

近年、人気を集めている注目度の高い成分です。メラニンの生成を命ずる伝達物質をブロックし、メラノサイトの活性化を抑えてくれる効果があります。

シミ予防はもちろん、肌荒れの改善にも効果が期待できる成分です。

(3)アルブチン

コケモモや梨など、天然の原料から作られる成分です。メラニンの生成に使われるチロシナーゼを阻害し、シミを防ぐ効果が期待できます。比較的刺激を感じにくく、安定して使いやすい成分です。

さっぱりタイプのおすすめ化粧水はこちら!

IPSA(イプサ) ザ・タイムR アクア

4,400円(税込)

IPSA(イプサ)を代表する化粧水と言えばこちら。ブランド独自の保湿成分「アクアプレゼンターIII」を配合しているのが特徴で、肌表面に水分の膜を張るようなイメージで潤いをキープしてくれます。

アルコールが使われていないため、敏感肌の方でも刺激を感じにくいのが嬉しいポイント。水分を逃しにくくすることで過剰な皮脂分泌を防ぐことができ、テカリやベタつきの予防になります。

DECORTÉ(コスメデコルテ) AQ トーニング ローション a

9,900円(税込)

オリジナル成分の「ホワイトムクナエキス」や希少な「白樺水」など、保湿成分にこだわって作られた化粧水です。みずみずしい使用感で、肌全体に潤いが行き渡るのが感じられます。

清涼感を与えてくれるメントールが配合されているため、暑い夏にもぴったりのアイテム。コットンに適量をとり、パッティングしながら馴染ませると効果的です。

ACSEINE(アクセーヌ) モイストバランス ローション

6,050円(税込)

なるべく刺激の少ない化粧水を選びたい方におすすめなのが、ACSEINE(アクセーヌ)の「モイストバランス ローション」です。潤いのキープ力に優れた保湿成分「セラミド類似成分」を超微細化して配合しているのが特徴。

つけたとたんに肌にスッと馴染んでいくのが心地よく、ベタつきのない肌に整います。無香料・無着色・アルコールフリーで、やさしく肌を保湿できますよ。

ALBION(アルビオン) 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル N

110ml 3,850円(税込)

“スキコン”の愛称で高い評価を受けてきたロングセラー化粧水が、11年ぶりにリニューアルして登場。

さっぱりと肌を保湿できる「ハトムギエキス」はそのままに、新たに追加された「ハトムギオイル」が肌のターンオーバーを整える効果を発揮してくれます。皮脂やベタつきはすっきりと抑え、キメの整った肌へと導いてくれますよ。

CLINIQUE(クリニーク) クラリファイング ローション 2

200ml 3,850円(税込)

こちらは拭き取りタイプの化粧水。余分な皮脂や汚れをオフし、肌荒れを起こしにくい状態に整えてくれるのが特徴です。

洗顔後にコットンでやさしく拭き取れば、肌がすっきりとリセットされて、その後のスキンケアの浸透が良くなります。毛穴や肌のくすみが気になる方におすすめ。

さっぱりスキンケアで夏のベタつきから解放されよう!

さっぱりスキンケア
出典:byBirth

夏はベタつきが気になるから…と保湿ケアをやめてしまうのはNG。乾燥が原因で皮脂が過剰分泌されていることもあるため、夏でも保湿は続けるのがベストです。

今回ご紹介したようなさっぱりタイプの化粧水を使えば、快適に肌を保つことができますよ。ぜひ皆さんも気になるアイテムをチェックしてみてくださいね。

情報提供元 : GODMake
記事名:「 【おすすめ5選】夏は“さっぱりタイプ”の化粧水でベタつかずに潤いチャージ!