シミが顔にできると、一気に老け込んだ印象を与えるもの。シミを薄くして目立ちにくくするには、効果的なホームケアを行う必要があります。

とはいえ、具体的にシミを薄くするホームケアとは何か知らない人も多くいます。本記事では、できてしまったシミを薄くするホームケア方法について紹介します。

シミを薄くするには、「美白美容液」「ピールオフタイプのパック」「皮膚科処方のハイドロキノン」を使ったケアが有効です。

シミについて

シミについて
出典:byBirth

シミに有効なホームケアを知る前に、シミについての理解を深めておきましょう。ここでは「シミの種類」と「シミを薄くするホームケア方法」について説明します。

シミの種類

シミにはいくつか種類があり、対処法も異なります。自分にできたシミがどのタイプか判断することで、効率的に改善していきましょう。

老人性色素斑

老人性色素斑は、年齢を重ねると顔にできやすい円形のシミです。紫外線、ターンオーバーの乱れ、ストレスなどにより、慢性的に体にダメージが蓄積されることで起こります。

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は、傷、ニキビ跡、虫刺され後の色素沈着によって起こるシミで、老若男女問わずだれにでも発症します。傷の形や大きさによってシミの形が異なり、大きいものもあれば小さいものもあります。

肝斑

肝斑は、妊娠や出産など女性ホルモンのバランスが大きく変化したときにおこりやすいシミです。頬の高い位置に楕円型に現れ、左右対称にできるのが特徴です。

そばかす

そばかすは、小さい粒状のシミが、頬の高い位置、鼻筋あたりに複数表れている状態です。遺伝的な要素が強く、生まれつき顔に存在していることが多くあります。

脂漏性角化症

脂漏性角化症は、良性の皮ふ腫瘍で、イボまたは軟性繊維腫といわれます。老人性色素斑が紫外線を浴びることで、徐々に盛り上がることで起こります。

花弁状色素斑

花弁状色素斑は、紫外線に強く当たることで、肩や背中の広範囲に散らばったようにできるシミです。真皮部分まで深くダメージを負うため、シミの中でも治りにくいといわれています。

ホームケアで薄くできるシミ

上述の6つのシミの中で、ホームケアで薄くできるシミは次の通りです。

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着
  • 肝斑

老人性色素斑と炎症性色素沈着は、紫外線や傷など外からダメージを受けた結果、メラニンが分泌されて肌に蓄積している状態です。ホームケアにより、肌の生まれ変わりを促進し、メラニンをはがすことができれば薄くできます。

また、肝斑は、女性ホルモンの急激な変化により一時的に起こるシミです。適切なホームケアを毎日行うことで、シミを薄くし、再発を予防できます。

一方、遺伝性の強いそばかす、強いダメージを受けることで起こる脂漏性角化症や花弁状色素斑は、なかなか自宅でできるケアで改善することは難しいため、美容医療によるアプローチが必要です。

シミを薄くするホームケア方法

シミを薄くするホームケア方法
出典:byBirth

自分のシミが、ホームケアで改善できるものと分かれば後は実践あるのみ。シミを薄くするホームケアは、次の3つです。

美白美容液を使う

毎日のスキンケアに、美白美容液をプラスしましょう。

美白美容液には、メラニンの生成を抑えてシミを予防する効果や、肌を明るくしてシミを目立たせなくする効果があります。また、美容液はスキンケア化粧品の中でも有効成分の配合が多く、効果を実感しやすい特徴があります。

シミを薄くするために効果的な美白有効成分は次の通りです。

ビタミンC誘導体

メラニンの還元を促し、シミの色を薄くする効果があります。コラーゲンを生成する働きもあり、水分量を高めて透明感のある肌を作ります。

エナジーシグナルAMP

ターンオーバーを促す効果があり、メラニンの排出をサポートします。肌のくすみが取れてトーンアップ効果も期待できます。

トラネキサム酸

メラノサイトの活性化を抑えて、メラニンを肌表面に現れにくくします。女性ホルモンのプロスタグランジンの働きも抑制するため、肝斑の治療にも効果的です。

ピールオフタイプのパックを使う

ピールオフタイプのパックを使う
出典:byBirth

ピールオフタイプのパックは、肌に蓄積したメラニンを吸着し除去する働きがあり、シミを薄くする効果に優れています。

また、肌に残った汚れや古い角質も除去するため、顔全体のくすみが取れて明るくなります。その結果、シミがさらに目立ちにくくなるのです。

シミを早く薄くするために、ピールオフタイプのパックを定期的にスキンケアに取り入れることをおすすめします。ただし、使用するときは頻度に注意が必要です。頻繁に行うと肌に負担をかけ、かえって肌の調子を悪くする場合があるため、指定された頻度を守って行いましょう。

皮膚科処方のハイドロキノンを使う

ハイドロキノンは、シミの漂白剤と言われ、シミを薄くする効果に優れています。以前は、医師の監修のもとのみ使用ができましたが、現在は薬事法の緩和により一般化粧品にも配合され、気軽に手に入るようになりました。

しかし一方で、用法容量を守らず使用することによる肌あれや、シミが濃くなるなどの肌トラブルも増えています。

ハイドロキノンを試したい場合は、安全かつ効果を十分に実感するためにも、皮膚科医に処方してもらいましょう。

まとめ

シミ
出典:byBirth

シミには6種類あり、ホームケアで薄くできるものは「老人性色素斑」「炎症性色素沈着」「肝斑」の3つです。シミを薄くするには「美白美容液」「ピールオフタイプのパック」「皮膚科処方のハイドロキノン」を使ったホームケアが有効です。

シミに効果的なスキンケアで老け顔から卒業し、肌色一色の若々しい肌を取り戻しましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「できてしまったシミを薄くするホームケアで、脱老け顔を目指す!