一ヶ月のあいだに「4つのサイクル」肌はどう変化するの?

女性にとって欠かせない「月経期」をはじめ、「卵胞期」「排卵期」「黄体期」と4つのサイクルに分かれています。

まず一つ目の、生理中である「月経期」は、ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が低下し、乾燥を感じたり、肌荒れが起きやすいなど敏感な状態にかたむきがちです。

次に、生理後と言われる「卵胞期」は生理サイクルの中でも心身ともに安定し、新陳代謝が活発になり、肌調子が良いと感じやすい時です。

三つ目はホルモンバランスが大きく変化しやすい「排卵期」。体調の変化や肌調子が不安定になりやすい時です。

最後に生理前と言われる「黄体期」は、皮脂分泌が盛んになり、肌のベタつきやテカリ、毛穴のつまり、ニキビや吹き出物などの肌トラブルが現れやすくなります。

あまり何も感じないという人もいれば、ホルモンバランスの変化とともに肌にもあらわれる人など体質によってさまざまですが、この4つのサイクルの特徴を知り、肌のコンディションを整えるためにはどのようなスキンケアをおこなえば良いかをお教えします。

「4つのサイクル」にあったスキンケア法は?

1. 「月経期」はハードなケアはせず、保湿重視

生理中である「月経期」は体は重だるいし、憂うつな気分、人によっては生理痛を感じるなど心身ともにしんどいと感じやすい時ですね。

「月経期」の肌は、乾燥しやすく敏感になりがちで、肌荒れやニキビが出るなどの肌トラブルを感じることも。この時期は、ピーリングなどの肌にとって負担な角質ケアは控え、保湿重視にしましょう。

(1)クレンジング、洗顔後、化粧水を手に取り、お肌全体に広げます。

月経期1
出典:byBirth

(2)化粧水をコットンにたっぷり含ませ、優しくおさえるように肌に浸透させます。

月経期2
出典:byBirth

(3)保湿力の高いセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、プリテオグリカンなどの美容成分が入ったシートマスクをお肌にピッタリ密着させて、肌のうるおいを最大限に高めます。

月経期3
出典:byBirth

(4)月経期は体が冷えたり、むくみやすいので、水を絞ったタオルをレンジで約1分ほど温めた蒸しタオルをシートマスクの上にのせて、温パックをしたり、首にのせて体を温めましょう。

月経期4
出典:byBirth

(5)最後に乳液、クリームを重ねてしっかり保湿します。

月経期5
出典:byBirth

2. 「卵胞期」コンディションが高まっているあいだにスペシャルケアを

月経期が終わったあとの「卵胞期」は、新陳代謝が活発になり、心身ともに安定し肌調子も良いと感じやすい時。

このタイミングで「角質ケア」や「スペシャルケア」「サロンケア」などをおこなうのがおすすめです。

(1)クレンジング、洗顔後、角質のザラつきやゴワつきを整えたり、スキンケアの浸透を高めるために、顔全体にクレイマスクを塗り15分ほど置きます。

15分後、クレイマスクを洗い流します。

卵胞期1
出典:byBirth

(2)化粧水を手にとり、優しくおさえるようにたっぷり肌に浸透させます。

卵胞期2
出典:byBirth

(3)さらにエイジング作用のあるヒト幹細胞、コエンザイムQ10、フラーレンなどの美容成分が含まれたシートマスクや美容液を浸透させます。

卵胞期3
出典:byBirth

(4)乳液、クリームをなじませながら、フェイスマッサージをしたり、美顔器をお持ちの方は一緒に組み合わせるのもいいですね。

卵胞期4
出典:byBirth

3. 「排卵期」はホルモンバランスが変化するとき、香りアイテムでリラックス

次の生理に向けてホルモンバランスが変化しやすい時である「排卵期」は、体調の変化や気分の変化を感じることも。ダマスクバラ花水やラベンダーウォーターなどの天然アロマを使ったスキンケアアイテムで、気分をリラックスさせるのがおすすめ。

(1)クレンジング、洗顔後、気分が安らぐ香りの化粧水を肌全体に広げます。

(2)圧縮タイプになったシートマスクに、化粧水をたっぷり含ませて、肌に浸透させます。

排卵期1
出典:byBirth

この時期は気分を落ち着かせたり、体を温めてリラックスすることがポイントです。

排卵期2
出典:byBirth

(3)化粧水と同じように、心が安らぐ香りの乳液とクリームを重ねます。

排卵期3
出典:byBirth

香りに集中しながら、ホルモンバランスによって乱れがちな気分を落ち着かせましょう。

4. 「黄体期」は殺菌作用や皮脂コントロール作用のあるアイテムで予防ケア

生理前と言われる「黄体期」は、体がむくんだり、イライラしたり、暴飲暴食気味になったり、皮脂分泌が盛んになりニキビや吹き出物など肌の不調を感じやすい時ですね。

「排卵期」に引き続き、心地よい香りのスキンケアで気分をコントロールすることも一つの方法です。

(1)クレンジング、洗顔後、化粧水をたっぷり肌になじませながら深呼吸しましょう。

黄体期1
出典:byBirth

(2)ニキビや吹き出物が気になる場合は、殺菌作用のあるティートリー葉エキスが含まれているシートマスクや、皮脂コントロール作用のあるビタミンC誘導体が入ったシートマスクで、肌荒れがひどくなるのを予防しましょう。

黄体期2
出典:byBirth

(3)乳液、クリームをいつもよりたっぷりめに重ねて、保湿します。

黄体期3
出典:byBirth

お風呂上がりや休憩のあいだに、リラックス効果のあるカモミールティーや体の温まるジンジャーティーなどを飲んで、ゆっくりと過ごしましょう。

一ヶ月のあいだで4つのサイクルに体や肌の調子は変化しているので、その時の肌状態の特徴に合わせて、スキンケアアイテムの使いわけをするのもおすすめです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

情報提供元:GODMake
記事名:「エステティシャンが教える!生理サイクルに合わせたスキンケア法