ウォータートリートメントって、あまり馴染みがないですよね。通常のクリームとは異なる点、優れた特徴をご紹介していきます。

韓国の人気ヘアケアコスメ『moremo』とは?

『moremo(モレモ)』といえば、この「10秒トリートメント」というキャッチコピーに惹かれた方が多いのではないでしょうか。

女の子は毎日お化粧やスキンケア、ボディケアなどやることがいっぱいで大変ですよね。それに加えヘアケアも毎日していくことを考えると、少しでも簡単に、時短でできたら嬉しいですよね。

なぜ10秒で完了できるのでしょうか?

たった10秒?ウォータータイプで瞬間、美髪!

まず1番の理由としては、「ウォータータイプ」ということです。

ウォータータイプという名前の通り、お水のようなサラサラとしたテクスチャーのトリートメントです。塗るとすぐに髪内部に成分が浸透し、芯までケアすることができます。

塗布後10秒でパサパサなダメージ髪が、サラサラなサロン帰りのような美髪へと蘇ります。

髪の毛に嬉しい保湿成分配合

保湿成分をたっぷり配合して水分蒸発を防ぎ、髪を乾燥から守ります。毛髪のコンディションを整える「アミノ酸」、「タンパク質」をしっかり浸透させて、健康的な毛髪へと導きます。

なぜ髪の毛にアミノ酸が良いかというと、髪の毛を構成するタンパク質は、アミノ酸でできているので髪に浸透しやすくなっているのです。シャンプーなどと合わせてアミノ酸系のヘアケア用品を使うとより効果が出やすくなりますよ。

シリコンフリーでもシルクのようなサラサラ美髪

シリコンとは、一般的にシャンプーやトリートメントにも含まれていて、みなさんも耳にしたことがあると思います。シリコンは毛髪をコーティングしてツヤを出したり、なめらかな指通りにする効果があり、美しい髪へと導いてくれるというメリットがあります。

しかし一方で、シリコンはしっかり洗い流さないと頭皮に蓄積したり毛穴につまったりして、フケ、かゆみの原因になってしまう場合もあります。

また、シリコンは吸着性が高いことから、本来はダメージを受けてキューティクルが剥がれギシギシしている状態であるにも関わらず、使用直後からサラサラの手触りになり、ツヤ髪を感じられるので、まるでダメージが修復したかのように錯覚してしまいます。一見、健康な髪に戻ったように見受けられますが、実際は表面を覆っているだけなのです。

ダメージ毛の表面にシリコンが吸着すると、いくら補修成分を与えてもなかなか内部には浸透しないという事態に陥ることもあります。それだけではなく、ひどい場合はヘアカラーをする際に上手く色が入らなかったり、パーマがかかりづらくなる原因にもなります。

個人差があると思いますので、一概にシリコンが良くないというわけではありません。使う製品や使い方にもよりますので、シリコン配合の有無は、ご自身に合ったものを選ばれることをおすすめします。

どんな肌質の方でも安心して使えると、注目されるようになったのが、シリコンを配合しないノンシリコンのトリートメントです。シリコン入りのようにコーティングはされないので、髪をツルツル滑らかな指通りにしたり、ツヤを出したりする力は弱いですが、敏感肌の方や、肌トラブルが心配な方にはおすすめです。

今のヘアケアで良いのかな?トリートメントがあまり合っていないかもしれないという方は、試してみてはいかがでしょうか。

ウォータートリートメントの使用方法

ウォータートリートメントをあまり使ったことがない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。ウォータートリートメントの効果を、最大限実感できる使用方法についてご紹介していきます。

まずは通常通りシャンプーを流し、その後、軽く水気をとります。そしてウォータートリートメントを毛髪に直接塗布します。毛先~中間あたりを10秒程軽くマッサージするように浸透させると、だんだんテクスチャーがクリーミーに変化してきます。そしてなめらかな状態になるまで洗い流します。

放置時間は必要ありませんが、ダメージがかなり気になるかたは10秒以上置いてもいいかもしれません。こんなに短時間で効果が得られるなら、一度試してみたくなりますよね。

情報提供元:GODMake
記事名:「韓国の人気ヘアケアコスメ『moremo(モレモ)』の10秒時短トリートメント